iPhoneのシャッター音消すアプリは盗撮に御用達?実際にやってみた

秒刊SUNDAY / 2012年9月23日 11時58分

wqf

iPhoneを利用した盗撮が全国的に増加傾向にあると言う。調べによると2006年と比べ約1.6倍に増加しているということで、これはiPhoneアプリにあるシャッター音を消すアプリがあることが原因ではないかと分析する専門家もいるようで、実際に利用して捕まった犯罪者もそのように話す。では、本当に盗撮に使えるのか実際に使ってみた。

画像

シャッター音を消すアプリは様々リリースされており、動画用・写真用・両方それぞれある。上記アプリのどれがシャッター音を消すアプリかについては大人の都合で触れないでおきたいが、アプリ名を見ればおおよそ予測がついてしまうのが悲しい。


画像

これが起動画面、あれ?故障なの?と思うのかもしれないがそういうわけではない、UIを極限状態まで突き詰めた結果、真っ黒な画面でよいのではないかと言う事に落ち着いた・・・と推測されるが、こちらも大人の事情で何故真っ暗なのかは触れないでおきたい。シンプルイズベスト考えておく。


(画像)

ただし、撮影する被写体を確認したい場合は指で画面をタップすると確認することが可能。もちろん撮影時には音は一切ならないので動作しているのか、それとも電源がOFFになっているのかは一目で分かりづらい。今回マウスを盗撮してみたが、クリクリな部分までくっきりと映し出されておりもちろん無音。バレにくい。

ただし、これが盗撮用にとして使われたとしても、スカートの下にスマホを差し入れるという恐ろしいハードルを突破するには、なかなかの勇気がいりそうだ。明らかに怪しい行為であり誰から見ても盗撮をしているようにしか見えない。なんなら、アプリではなく自分が透明人間のように消えたほうがより盗撮成功率は上がる。

ただ現実に、盗撮用に使われているという事実は払拭できない。『音が消えるだけで何となくうまくいきそうだ』
と安易に考えてしまう犯罪者が増えているという事だろうか。

いずれにせよ、音を消すアプリをリリース禁止にしたところで盗撮自体は壊滅しないので、女性の方は自分のスマホに気を取られていないで、下から滑りこむ怪しいスマホにも注意してほしい。

【記事参照】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1377336048

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング