これが世界初のポータブルコンピュータのお姿!画面5インチメモリ64…

秒刊SUNDAY / 2012年11月20日 17時8分

pas

iPadやiPhoneなどによってここ数年PCのポータブル化の発展は目覚ましいものがありますが、小型化は何も最近に始まったことではありません、少し前で言えばWindows95の時代から既にノートPCは存在しておりましたし、さらにそれ以前のDOSの時代にもノートPCはあった。そしてそれよりさらに前の1981年にも小型PCがあったことをご存じでしょうか。


画像

こちらが世界初のポータブルPCであるオズボーン1。意外とまともではないかと思うのかもしれないが、画面サイズはなんと、5インチ。こんなに大きくても画面サイズは超小型なのだ。メモリも64KBという超低スペック。いやもちろん今だからスペックが低く感じるが、当時としては相当なハイスペックであったのは間違いない。

ちなみに、CPUはZ80A 4MHzでOSは当時人気のCP/Mが搭載されていた。外部ディスクにFDDを利用できる。なにはともあれ重さが凄いことになっており、なんと11キロもある。値段は1,795ドルと、それほど高価ではない。



画像

ちなみに、アプリは今でいうWORDとExcelのようなものと言語処理系のソフトが付属していたというからお買い得だ。もちろん今でいうダウンロードなどと言う概念はないので、新たなアプリを入れたい場合は、別途インストールする必要がありそうだ。もちろんゲームもあったらしいが、テキストベースだという。

今は1GHzのCPU、64GBのメモリが当たり前のように普及しておりますが、ムーアの法則を考慮すると何十年後には、このオズボーンと同じような扱いになってしまう日がくるのでしょう。

http://izismile.com/2012/11/16/the_first_portable_computer_ever_built_4_pics.html

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング