3歳から娘に酒を飲ませ続けたDQN親『私は間違ってない!』と叫ぶ

秒刊SUNDAY / 2013年2月3日 17時0分

article-0-173C3831000005DC-921_634x536

自分の顔以上に どでかいカクテルに満面の笑みで吸い付く2人の女性。この2人実は親子。右が母親のシャノン(35)左はその娘ジェミー(20)の趣味は「飲み歩き」。親子というよりまるで親友のような仲の良さだ。しかしただの仲の良い親子では済まされないのは この母親シャノン、娘がたった3歳の赤ちゃんから酒を与え続けているというのだから もう訳が分からない。彼女には彼女なり正当な(?)理由があるようなのだかが・・・・それに対して娘の反応とは如何に?
<画像>

<画像>

「娘は最高の(飲み)友達なの!」とグラス片手に言い放つ母親シャノン。「お酒の正しい飲み方を覚えさせる為」という理由で なんと彼女が3歳からアルコールを与えづつけていたのだ。その甲斐あってか(?)現在20歳のジェミーは母親の思惑とおり 酒をこよなく愛す 「最高の飲み友達」に仕上がったのだ。
この2人毎週必ず酒場に出掛けパーティー三昧。酔いつぶれてしまったときはお互いがお互いを介抱し、時には酷い二日酔いの苦しさもシャア。ジェイミーが15歳になった時にパーティーにはウォッカをプレゼント 着実に「正しい酒との付き合い方」を覚えていったジェイミー。法的にアルコール解禁になった18歳には堂々と母親と朝4時まで飲み明かすザルっぷり。

世間とは大いに異なる母親の育児方針を振り返って 娘は「お母さんのお蔭でお酒に耐性もできて 楽しく飲めるようになっているの。感謝してるわ」とのコメント。

しかし 勿論世論は黙ってはいない。賛否両論もなにも「違法」である。 メディカルサイドからは幼少期からをアルコールを飲ませる事は 脳や肝臓機能へのダメージも懸念される。また幼いころから アルコールを与えることで  アルコールへの対しての歯止めが利かない体質になりやすい」と指摘。
結果ジェイミーはその若さですっかり アルコール依存症予備軍の仲間入りになってしまっているのだ。
そんな世論もどこ吹く風。母親は「ま 世間では色々というけれど、 私の育児法が間違っているなんて思わないわ。自分の子供には何が一番必要なのか。なんて私にし解らないのよ」と堂々のコメント

そんな堂々とされても 彼女の言っていることがさっぱり理解できないのは私たちがDQNではない証拠だろう。
DQNにしか理解できない世界である

【参照記事】
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2270213/Is-Britains-irresponsible-parent--Mother-35-gave-daughter-alcohol-age-THREE-grow-good-drinking-partner.html

【関連記事】

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング