神のお告げか?ローマ教皇退位表明後『サン・ピエトロ大聖堂』に雷が直撃していた事が判明

秒刊SUNDAY / 2013年2月14日 12時0分

roma

高齢を理由にローマ教皇ベネディクト16世が2月28日をもって退位することを発表。600年ぶりの出来事という事でこのニュースは世界中を駆け巡った。それと同時にカトリック教会の総本山である「サン・ピエトロ大聖堂」に雷が直撃したという何とも不吉な現象が発生していた事が判明。これは神のお告げなのかそれとも何かの前触れなのだろうか。

画像

雷は退位を発表した数時間後に突如サン・ピエトロ大聖堂を襲ったという。これを見ていた現地の人は「神のお告げ」だと信じているようだ。具体的に何のお告げかは、熱心な信者でなければ判らないが、長い間お勤めをしたベネディクト16世に「おつかれさん」と労をねぎらったのかもしれない。

もちろんそうではなく「何か不吉な出来事の前触れ」ではないかと感じる人もいるだろう、なにせ退位発表の6時間後という、絶妙なタイミングで発生しているのだから。

これをうけ、YouTubeなどではライブ映像を録画したものが多数アップされており、ローマ教皇の退位騒動はしばらく収まりそうにない。

なにはともあれ、一番心配なのはこの雷が「神の怒り」ではないかという事ではなかろうか。

【記事参照】
http://ufosightingshotspot.blogspot.jp/2013/02/finger-of-god-strikes-vatican-lightning.html

動画URL
http://youtu.be/Y1xgLosZwPc


面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング