レトルトを再評価したくなる梅田の「レトルトカレー専門店」に行ってきた

秒刊SUNDAY / 2013年2月17日 18時0分

curry1

大阪阪急梅田駅構内にある「レトルトカレー専門店」に行ってきた。この店はその名の通りレトルトカレーを専門に扱っている店で、全国から取り寄せた選りすぐりのレトルトカレーが数多く取りそろえられている。更に店内で購入したレトルトカレーをそのまま食べることも可能。また、その日の日替わりメニューもあると言う事でレトルトカレーファンにはたまらない店だ。

画像

店内にはずらりと取り揃えられたレトルトカレーのオンパレード。殆どが「見たこともない」ようなレトルトカレーばかりだが、ビレッジバンガードで売られているような妖しげな18禁カレーなどもある。基本的には各地域での名産品を扱ったカレーが多く、飛騨牛カレーや、牛タンカレーなどのほか「メロンカレー」「ジンギスカレー」という特殊なカレーももある。

また国内の他にインドのレトルトカレーもあるようで、パッケージはまるでボンカレーだったが中身はどんなものが入っているのかは謎だ。


画像

店の奥にはその場で食べれるレストランが完備されており購入したレトルトカレーもしくは、その日の日替わりメニューを食べることが出来る。購入したレトルトカレーはプラス150円で調理できるので、気にいった物をその場で食べると言うなんとも贅沢な楽しみを味わう事が出来る。


画像

画像

そしてこちらが本日の日替わりメニュー「チキンキーマカレー」値段は驚きの350円。レストランのカレーと言われれば恐ろしく安い値段だが、レトルトカレーということであればそれ相応の値段なのかもしれない。

早速食べてみると、意外にもレトルト感が無い。もちろんレトルト感を出さない商品とうたっているわけではないので味云々の問題ではないが、厳密に言うとレストランでレトルトカレーを食べるとレトルト感が無いと言ったほうが正しいのかもしれない。

味はチョット辛めのキーマカレー。肉のうまみがルーに凝縮された味わい深いカレーだ。原材料が不明なので判らないが、トマトピューレを使っているようで若干酸味が感じられるさっぱりとしたカレー。ただ、もう少し具が欲しいところだが、ちょっと待てこれはレトルトでしたのでこのぐらいのボリュームで文句は無い。

レトルトと忘れるほどのカレーだ。


画像

ちなみに今回持ち帰りで購入したのは店内売上NO1の至福の翼カレー。第二章というのが気になるがその詳細は後ほどレビューしたい。

商品ラインナップは下記Facebookで確認できるようだ。

Facebook
http://www.facebook.com/umeda.curry

場所:阪急梅田駅2階中央改札内
営業時間:11:00~22:30(イートインコーナー・オーダーストップ 22:00)・無休
TEL:06-6375-1989


面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング