「300円」以内で究極の遠足のおやつセット

秒刊SUNDAY / 2013年5月31日 9時33分

oyatu01

これからの季節、幼稚園や小学校などで開催される遠足。移動中のバスの中でのクラスメートとの雑談や皆でおかず交換などして楽しく食べる昼食など、お楽しみは盛りだくさんですが、中でも一番の楽しみは当日までの間にお菓子売り場と予算とを見ながら用意するおやつではないでしょうか?そんな、遠足に持っていくためのおやつについて、ネット上で話題となっていました。
「おやつは300円以内。ただし、バナナ(くだもの)はおやつに含まれません」

というフレーズは、いつの頃からか遠足などのおやつを用意するときのお約束として言われているものですが、一昔前と比較すると物価が上がってしまった現在では、同じ金額で種類豊富に楽しめるおやつを用意するというのは中々にハードルの高いもの。

巨大電子掲示板『2ちゃんねる』に立てられた「「300円」以内で究極の遠足のおやつセットを組み上げるぞ」と題したスレッドでは、そんな、300円という金額でできるおやつセットについて意見が寄せられています。同スレッド寄せられたコメントには、

・うまい棒33本
・黄色い袋に入ってるフライドポテト(20円)
・ビックカツ10個
・ラムネ、飴、キャラメルの中から1つは選出したい
・ベビースターラーメン・スニッカーズ一本と蒲焼さん太郎


といった単品をあげる人もあれば、
「うまい棒×2(サラミ、チーズ)、蒲焼きさん太郎、どんどん焼き、クッピーラムネ、丸いガムの奴、ペロジュー、さくらんぼ(四角い小さい奴)、8の字チョコ、にんじん(米菓子)、残りの金額で好きなものをひとつくらい」といったこだわりのセット内容をあげる人。

かと思えば、手作りおやつや皆で協力するといった300円を様々な形で満喫する方法なども寄せられていました。

300円という決められた枠内で、いかにして他の人とは異なるチョイスをするか。

子供の頃はついつい好きなものばかりを買ってしまい、友だちとの見せ合いっこや交換のときに悔しい思いをした人もいたと思いますが、大人になった今、あらためてどんな内容をチョイスできるかにチャレンジしてみるのも面白そうですね。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング