チキンタツタより『和』を感じる『ポークタツタ』試食レビュー

秒刊SUNDAY / 2013年6月3日 11時50分

ポークタツタ1

正直「チキンタツタ」が登場した中学生のころ、タツタの意味もわからず食べていたあの頃が懐かしく、まさか20年後の未来にタツタの新作が登場しているなどとは夢にも思わず、映画バック・トゥ・ザ・フューチャーに出てくる未来の『モノ』以上の衝撃を受けております「ポークタツタ」。タツタを竜田揚げの意味だと知ったのは最近で、当然竜田揚げの豚肉が出てくると思いきやちょっと違いました。
画像

画像

画像

チキンタツタはチキンの竜田揚げ。ポークタツタも豚肉の竜田揚げ・・・と思いきや通常テリヤキマックバーガーで使っている「テリヤキパティ」をそのまま使用。その上にオニオンジンジャーソースをかけ、チキンタツタで使われているタツタバンズで挟んだバーガーと言う事になっていた。

竜田揚げじゃないじゃないか!と言いたくもなるが「チキンタツタ」を思わせるバンズとキャベツ、そしてマヨネーズはしっかりチキンタツタのドレス(製法)を踏襲しているので、ある意味タツタなのである。

しかしその味は想像とまるで異なった。タツタを想像して食べるとその意外性に驚かされる。どちらかと言うとタツタと言うよりも、ポークジンジャー(豚肉の生姜焼き)のような味わいである。それもそのはず、テリヤキパティと言う豚肉にオニオンジンジャーソースかけているので、まさに、ポークジンジャーだ。



名前はタツタだが、味は和風テイストのポークジンジャー。また塩味の強いオニオンジンジャーソースにマヨネーズソースが見事に絡み合い、それによってソースが主張し過ぎないのも非常に良い。願わくば、タツタと同じくレギュラーメニューに入れてほしいと希望したい商品だ。

エネルギーは506(kcal)。5月31日(金)より全国のマクドナルドで販売中だ。

日本マクドナルド
http://www.mcdonalds.co.jp/

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング