ありそうで無かった『温かい冷やし中華』を作ってみた

秒刊SUNDAY / 2013年6月15日 12時0分

raou02

衝撃的なニュースが飛び込んできた。アニメ「北斗の拳」のラオウを演じていた声優・内海賢二さんが亡くなった。ちょうどこの日清ラ王の「冷やし中華」を試食中だった。ラオウとラ王、全く因果関係は無いが同じ名前と言う事で妙な共通点を感じていたのは私だけではないはずだ、ご冥福を祈りたい。さて今回そんなラ王の新作「冷やし中華」だが、温かいラーメンにしたらどうなるのか気になったので早速作ってみた。

画像

画像

早速袋を開けてみると冷やし中華とはいえ中身は単なるインスタントラーメン。このままお湯を注げば美味しいラーメンになりそうだ。以前も紹介した日清ラ王の袋麺はまるで生めんのような食感が売りの新感覚袋麺。今回の麺ももっちもち・シコシコ冷やし中華が出来上がるに違いない。

スープはっきりとした甘酸っぱさに香味野菜を程よく利かせた中華風しょうゆだれ。まさに冷やし中華に最適な味わいとなることだろう。果たしてこのスープが冷やしではなく温かい麺となった場合どのような味わいになるのか。

早速温かい冷やし中華登場です。


画像

画像

写真から伝わるこの料理のイメージは間違いなく「ラーメン」である。元冷やし中華という設定は何処へやらと言ったところだが具や水など以外全てこの「ラ王冷やし中華」で作られた正真正銘の温かい冷やし中華だ。

冷やしていないので冷やし中華では無い!と言う突っ込みも来そうだが、実際に食べてみるとそれは間違いなく「ラーメン」では無いことが判る。まずすっぱい。冷やし中華特有の甘酸っぱさが新感覚。それでいて日本人に慣れ親しんだ「醤油味」は実は冷やしでなくても美味しいことが判明。

「ラーメン」ではないが、「冷やし中華」でもない。何とも不思議な味わいのこの料理だが実は美味しかった。ラーメンほどのしつこさが無く、かつ冷やし中華の唯一残念なポイント『スープを飲めない』と言うリスクを回避できる。
もしかしたら今後定番メニューになるのかもしれない。

と言う事で皆様も、温かい冷やし中華は意外にイケるので是非お試しいただきたい。



もちろん冷やし中華もおいしい。


【記事参照】
http://www.nissinfoods.co.jp/com/news/news_release.html?nid=3118

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング