病院の監視カメラに舞い降りた天使が14歳の少女を救う騒ぎ

秒刊SUNDAY / 2013年6月20日 16時52分

dwq

重い肺炎で入院していた14歳の少女が謎の亡霊に救われるという騒ぎが起きて話題になっております。この少女は生まれたころから発達障害で苦しんでおり、今まさに手立てがなく亡くなる直前だった。しかし奇妙なことがおきた、病院の監視カメラに白い亡霊のようなものが映り込んだのだ、その瞬間この少女が奇跡的な回復を見せたというのだ。

画像)※天使。


画像


動画
http://youtu.be/8EYqhgEDPeg

このニュースは3年以上も前のものだが、アメリカのノースカロライナ州に住んでいた14歳の少女「チェルシー」さんが謎の亡霊によって助けられていたことが判明した。

チェルシーさんは重い肺炎を患っており自ら呼吸をすることも難しい状態に。生命維持装置でかろうじて延命治療をしていたが、いよいよ手だてが無くなり生命維持装置を取り外すかどうか、運命の選択に迫られていた。家族や親族が集まりいよいよお別れだという時にそれは起きた。

病院の監視カメラに謎の白い亡霊のようなものが映り込んだのだ。まるで天使のように見えたというその亡霊は彼女らにとって『救いの神』であると信じ、何度も撮影を試みたという。

その瞬間奇跡が起きた!なんとチェルシーさんは息を吹き返し生命維持装置なしで自力で呼吸をし始めたという信じられない事態に。母親のバントンさんも、まさにあの白い亡霊は天使だと感謝しているようだ。チェルシーさんは順調に回復、15歳の誕生日に退院したという。

だがYouTubeなどのコメントではこの亡霊に対して批判的な意見も。

・本当のエンジェルなら彼女に安らかな死を与えたでしょう。
・なぜエンジェルなのに重い障害児を延命したのだ、苦しみが続くだけなのに。
・エイリアンだ
・これフラッシュの反射じゃね?
・ビデオのエラーか何かだろ
・白い映像なんてこんなの良くあることだろ
・本当は死んでるんだよ。みんな


このようなことが本当に起きるのか疑問に思う方もいるのかもしれないが、いずれにせよ彼女が助かったという素晴らしい事実は実に感動的だ。

【記事参照】
http://bit.ly/104kUPB

面白いニュース秒刊SUNDAY

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング