【注意】iTunesコードをツイッターに誤ってアップ!メシウマされる問題発生

秒刊SUNDAY / 2013年7月18日 11時29分

itunecard

これは我々も注意したほうが良いのかもしれない。iTunes StoreやApp Storeなどで使える「iTunes Card」のコードを、誤ってツイッター上にアップロードしてしまい他のユーザに盗用されてしまうという問題が発生していることが判明した。被害にあったユーザは、父親からプレゼントされた「iTunes Card」の使い方が分からず、ツイッター上に写真を添付し利用方法をユーザに求めたところ第三者に利用され、カードの権利を失ってしまった。

被害にあったユーザは「父親が買ってきてくれた」と「iTunes Card」のコードをツイッターにアップ。理由としては「iTunes Card」の使い方が分からず、ユーザに使い方を求めたようだ。しかし写真には利用する際のコードも撮影されており、そのコードがツイッター上に流出。第三者が無断でそのコードを使ってしまったという事件だ。

ネットではそもそも、コードをネット上に流出させてしまうという不手際も問題だが、それ以前に他人のコードを勝手に利用するという行為に問題があるのではないかという意見が多い。

利用したユーザは

ありがとう糞女wwww
お前のやつ俺様がやっておいたわw
まぁこれもいい体験だと思えww
魔法石あざーすwww


と暴言を吐き、正体を明かすもアカウントが凍結され行方が分からない状態となっており、もし捕まれば「窃盗罪」に当たる可能性がある。しかし実に寛容な被害者はその後本件について「自分が反省する」とツイートし、警察や弁護士に相談する方針ではないようだ。

ネットでは「警察沙汰になるのでは?」「不正アクセスだ」「窃盗罪だ」と犯人に対し厳しい意見が寄せられており、被害者の女性に対しては「器がでかい」と褒めたたえている。

この手の事件の場合犯人が捕まるかどうかは定かではないが、確かに誤ってコードをネット上に晒してしまうという問題はいつどこで発生してもおかしくない状況だ。今回は少額だったがこれがクレジットカードであったらと思うとゾっとする。

免許証や保険証そしてレシートに至るまで個人情報はありとあらゆる媒体に潜んでいる。
我々も気を付けなければならない。


面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング