ペルーの未知なる部族「ピロ族」の映像が公開される

秒刊SUNDAY / 2013年8月28日 17時11分

e

宇宙もなかなかヤバい発見が次々とされておりますが、地球上には現代文明と接触していない未知なる部族が数多く存在し我々を驚かせております。彼らは携帯電話はもちろん、電気ガス水道といった現代的なライフラインは一切持たず自給自足で暮らしているのです。そんな部族が現代文明と接触したらどのようなことが起きるのだろうか、当然のことながら驚き攻撃を仕掛けてくるのかもしれません。今回はそんな原始的な部族「ピロ族」を紹介したい。


ピロ族は南米ペールーの「マヌー国立公園」にあるアマゾン川の流域にすむ原住民族で、現代文明と一切接触していない未知なる部族。彼らの存在は昨年ナショナルジオグラフィック社において写真が公開されたことによって話題となったが今回動く映像が公開された。

なんと彼らは独特な装飾品を身に着けている以外はほぼ素っ裸の状態だった。

http://newswatch.nationalgeographic.com/2012/01/31/mounting-drama-for-uncontacted-tribes/

―動画



http://youtu.be/AKDluQ39P4A

ピロ族は非常に警戒心が強く、彼らと接触してきた人物が弓矢で攻撃され命を落としたという事故が過去に発生しているため撮影も慎重に行われている。動画の中では川辺で何人かのピロ族が、撮影者を指さし警戒をしている。陸からの攻撃はないものの、いつ攻撃を仕掛けられるかといった様子で非常に緊張感がある。

世界にはまだ未発見の部族が数百人以上おりわれわれ現代人と交流を絶っている。それは現代人があまりに自然破壊を繰り返し地球環境を悪化させたことによる彼らなりの抵抗ではないかと論ずる学者もいる。

【記事参照】
http://bit.ly/18ZKnvQ

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング