高級レストランかよ!モスバーガー新作『デミグラスソースアリゴ添え』早速食べてきた

秒刊SUNDAY / 2013年8月31日 12時10分

mos

9月13日発売のモスバーガー新作『とびきりハンバーグサンド「デミグラスソースアリゴ添え」』(450円)。国産肉100パーセント使用 のハンバーグにマッシュポテト風のフランス郷土料理『アリゴ』と『デミグラスソース』を掛け合わせた贅沢な味わいを発売に先駆けてご紹介します。

  
モスバーガーといえば、『他とは一線を画すこだわりのバーガーショップ』というイメージが強い。そんなモスバーガー一押しのラインナップ『とびきりハンバーグサンド』シリーズをみなさんはご存知だろうか。
 『とびきりハンバーグサンド』シリーズは国産の牛豚合挽き肉を100パーセント使用したハンバーグを使った本商品のジューシーさはまさしく“ハンバーグサンド”の名に相応しく、2008年の販売開始以来8900万食(2013年7月末時点)を売り上げた人気シリーズだ。

今回はその噂の『とびきりハンバーグサンド』最新作となる「デミグラスソース アリゴ添え」を9月3日の発売に先駆けて秒刊サンデー食レポ担当気取りの私が皆さんに紹介したいと思う。
 


今回は実際の調理を見学しながら“ハンバーグ”、“ソース”といったパーツ毎の試食を行ない、その後完成形を頂くといった流れで、製法、素材からこだわるモスバーガーらしい試食会だ。

まず始めに登場したのは、シリーズ最大の特徴である国産肉100パーセントのハンバーグ。写真向かって右奥が『モスバーガー』などといった通常商品用、左手前の2枚が今回のとびきりハンバーグサンドに使われるハンバーグだ。
 写真でもその大きさの違いがハッキリと分かるが、特筆したいのがその厚みとボリューム。通常用の1.5倍(90g:焼く前)が食べた時のジューシー感、満足感に直結している。


 
続いて、ハンバーグを挟むパン。こちらは通常と同じものだが、今回はこのパンの試食も行なった。パン単品でもおいしく、なによりほんのりとパンの甘さが感じられたのが好印象だった。「パンにすら妥協しない、さすがモスバーガー!」と心の中で称賛したのはきっと私だけではないはず。

皆さんも機会があったら是非パンだけ先に食べてみるのをお勧めする。



最後に今回の目玉である『デミグラスソース』と『アリゴ』が登場。
あまり馴染みがないかもしれないが、“アリゴ”とはフランスの郷土料理の名前だ。簡単に説明するとつぶしたジャガイモの中にモッツァレラチーズを練りこんだマッシュポテト風の食べ物で、なめらかな食感がなかなか美味。モス風隠し味としてガーリック、コショウが入っているためスパイシーな味わいとなっている。
デミグラスソースもシェリー酒、ワインで味に深みを持たせているほか、甘さが控えめなのも大きな特徴。アリゴとの組み合わせが抜群に“ウマい”仕上がりになっている。
 


それらが組み合わさって完成したのが、この『とびきりハンバーグサンド「デミグラスソース アリゴ添え」』。“完成品はもちろんのこと、構成するパーツ単体でも美味しく”というコンセプト通り、とても味に深みがあった。450円というお手頃価格も含め、個人的にリピート間違いなしの満足感である。

今回のハンバーグ×アリゴという絶妙な組み合わせ。どこからこんな組み合わせが生まれてきたのか非常に不思議ではあったが「商品開発というのはそういうものなのだろう」と一人、勝手に納得しながら家路についた。

これから秋深まる季節、期間限定のこの味を是非ご賞味いただきたい。

モスバーガー公式サイト
http://mos.jp/

とびきりハンバーグサンド「デミグラスソース アリゴ添え」ティザーサイト
http://mos.jp/tobikiri/history/aligot/

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング