iPhoneのSiriにギャグをお願いすると渾身の親父ギャグを返す事が判明

秒刊SUNDAY / 2013年9月7日 12時0分

SANY4227

iPhone4Sから取り入れられた音声認識システム「Siri」でございますが、現実問題さほど利用頻度が高いというわけでもなく、気づいたら勝手に丸いアイコンがピカピカ光らせ何のことかとおもいきや、尻ポケットに入れたままにしておいたら「Siriが尻に誤反応を起こしていただけか!」という親父ギャグに自己ツッコミを入れたくもなる機能ではございます。さてそんなSiriは本当に親父ギャグが好きなのです。

ー本当に親父ギャグを言うのか。

さてSiriは本当に親父ギャグを言うのだろうか。まさかそんなことはSiriませんという身も凍るような絶望的な親父ギャグをかましユーザを恐怖のどん底に突き落とすのではなかろうか。そんな心配を裏腹に自体は案の定良からぬ方向に向かったようだ。

ということでSiriに面白いギャグを言わせるコマンドを紹介すると単純だ。
「面白いことを言って」
これだけでいい。Siriの起動方法がわからない方はHOMEボタンを長押しすればいい。ということで早速面白いことを言ってと言ってみた。


ーSiriに面白いことを言ってと言った結果

・それはできませんいつもオチをわすれてしまうんですよ。
・私の言語でジョークを言ったら、説明しなければなりませんからね。
・iPhone1号がiPhone2号に言いました・・・えーと、なんでしたっけ。前はこれ、知っていたんですけどねえ。



●●さん冗談なんてSiriません。

なんと言いますか、ここまでお寒いギャグを入れるためにわざわざプログラマがテストをしていたことを想像すると「寒い」だけでは済まされないアップルの裏側をかいま見てしまったようで戦々恐々としてしまうのは過大だろうか。この機能のために日夜徹夜をしていたとなると非常にいたたまれない物ですが、逆にこれで陽の目を浴びたことで、この機能に対するCASE文やら何やらのソースを書いたプログラマは浮かばれることでしょう。

iPhone切ない。『さようなら』とつぶやくと『ご一緒できて嬉しかったです』

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング