中にサンドバックが入っていたあの「バッテリー」を買ってみた!

秒刊SUNDAY / 2013年10月22日 16時33分

c6fdf83f

以前海外サイトで「中国のバッテリーがひどい!」と話題になっておりましたが、それと同モデルらしきものを入手したので早速分解してみました。このバッテリーのメーカーは不明ですが「楽天」などのショップでは今でも普通に売られており、簡単に入手することができるものです。さて、問題が指摘されていた通り中にサンドバックがはいっているのであろうか。

―外観は全く同じ


画像

問題のバッテリーですが、今回購入したものと全く同じであることがわかります。つまり中国で入手したとはいえ、全世界で普通に購入できるもっともありふれたバッテリーであると言えます。それだけにサンドバックが入っていたなどという詐欺まがいの行為があれば今頃大きな問題やトラブルとなりそうなものですが。

ということで早速開けてみました。通常「パカッ」と開けるようなツメなどは無いので、マイナスドライバーで強引にあけることに。結構頑丈な作りだ。


―中身は普通にリチウム電池が入っていた


画像

肝心の中身ですが、なんてことはない普通にリチウム電池が6本入っており、インターフェースにUSBやミニUSBなどの端子がございます。つまりサンドバックが入っていたということは無かったのです。リチウム電池が実は単なる鉄棒というおそれもありますが、実際に試してみると充電も普通に可能ですし、そもそも楽天のユーザからのクレームもない。

ということは、海外で話題にしていた投稿者は何故サンドバックが入っていたと騒いでいたのか。


―考えられる原因

さてサンドバックが入っていたと考えられる原因は以下にあげられる。

・中国の闇市場で購入したため、あらかじめ製品から電池が抜かれていた
・そもそも本製品と似た偽商品であった
・自ら話題作りのために混入した

真相は不明ですが、旅行に行く際はあまり安い商品に安易に手を出さないのが吉だ。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング