亀田興毅の判定勝ちがネットでは「八百長だ」と激しく非難

秒刊SUNDAY / 2013年11月20日 0時30分

kameda

WBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦で「亀田興毅」がアウェーながらも善戦。見事勝利をおさめるもネットでは「八百長じゃないのか」と非難を浴びている。そのおおきな理由としては、亀田が第10ラウンドで「ダウン判定」をうけながらも、最終的な判定にもつれ込み判定勝ちとなったという事だ。なにはともあれ国内の選手が勝利することは嬉し限りではあるが、相手はどうあれ判定に納得のいかないボクシングファンも多いようだ。
―ダウンシーン(YouTubeより)



http://youtu.be/BwcN13VWq2I

ダウンでは無くスリップだと主張する亀田選手


―判定勝ちにもつれ込む

王者である「亀田興毅」選手は8度目の防衛選に挑んだ。最終的な判定では2-1で勝利するも、第10ラウンドでダウンを奪われてしまう。通常ダウンを奪われるという事は判定には非常に不利な状態になる。更にアウェー戦ということもあり「孫正五」選手の優勢ではないかと思われ、2ちゃんねるなどでは「亀田がピンチ」「亀田敗北」等のスレッドが立ち上がった。

国内選手でありながらこの判定勝ちに「八百長ではないか」と不服を申し立てる視聴者も多い。

参照
http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20131119-1220369.html


―あまりに不自然だとTBSにも非難

防衛戦を放映したTBSにも非難が集中し、「明らかに不自然だ!」「こんなひどい八百長は初めてだ」等の声が寄せられている。実際に八百長があったのかどうかは定かではないが、亀田の試合は毎度のごとく「八百長だ」と非難されているため、ある意味お約束の反応でもある。


―ダウンでは無くスリップだと主張する者も

ダウン判定にはなったが「スリップ」であると主張する者も。最終的な判定で2-1ということになっているので、10ラウンドではダウンと判定されたが、最終的にはスリップとみなされた可能性も。


―ネットでは非難

案の定亀田選手に対する猛烈な非難が寄せられている。

・買ったか
・亀田興毅選手、WBA世界バンタム級14位にダウンとられたのに判定勝ちwwww
・フラッシュダウン1回とったところで、亀田興毅には判定じゃ勝てない。
・審判買って、勝ったのか
・ダウンとられてなかった?やっぱボクシングわからん!
・ダウン取られてるのに判定勝ちするとはさすが亀田だな
・亀田に勝てる奴は地球上には多分いない
・亀田興毅勝ってよかったぁ!!ダウンした時は焦ったね
・スリップとダウンの違いも分からずボクシング観てる人が多いんだな?
・ミスターサタン思い出したwww
・え?亀田あの試合で勝ったの?
・亀田、ダウン取られたのに勝ったのか~すごいな~(棒
・亀田のボクシングのツイートが凄すぎる!
・やっぱり10回にダウンとられたのは亀田選手ですね。確認しました。
・え・? 亀田興毅がダウンしたのに 2-1で8回目の防衛????? 八百長じゃねーか
・亀・田ダウン取られたのに判定勝ちとかまじかwほんとつまらんボクサーだな

ボクシングの性質上、判定が判りづらいというのも今後の課題ではなかろうか。

お菓子の「サラダ味」は食品偽装ではないのかとネットで話題に!→サラダ油でした。

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング