これは辛い!ツイッターやり過ぎてとんでもない「手」になったパパが話題に

秒刊SUNDAY / 2013年12月18日 13時1分

papa2

ツイッターのやり過ぎには注意したほうがよいかもしれない。少なくとも子どもの前でその姿を見せるのは控えたほうがよいかもしれない。そんな戒めのような画像がツイッターに投稿され話題になっている。その画像を見たユーザは、『これはつらい』『子供に学ぶことは多々ある』などの感想を述べている。さてどのような宿題になったのか。
画像)マキパパ @makipapa様

息子が描いたパパの手。普段ならどんな仕事をしているのかなどを書くものかと思われるが、そこに書かれたのは、工具でもなく調理器具でもなくなんと「ツイッター」。ブロガーとして生けるパパの宿命なのだろうか、もしくは息子にとってパパが家にいる際はもっぱら単なる「ツイッター」をやるお父さんに見えてしまったのか定かではないが、実は子供は「パパ」のことをよく見ている。

お父さんの背中を見て成長するということもあるが、はたして息子はこの状況をどのように考えているのだろうか。もちろん「これで生活しているんだ」ということであればむしろ仕事を理解していただいている素晴らしい息子であろう。


―他にはどのような「手」があるのか


先ほど述べたように、料理を扱う仕事についていれば「鍋」やら「包丁」という感じになるのだろうが、普段デスクワークのような事務職の場合はどのようになるのだろうか。

そういった場合通常、書類や筆記用具となりそうだが最近ではOffice製品を扱うことも多いので「Excel」やら「Word」となるはずだ。とはいえ子供がそこまでパソコン関係のソフトに精通しているというケースも少ない為もっぱら「パソコン」となるはずだ。

ただしパソコンと書かれても、間違った解釈もされそうな気もしないでもないが。


―ネットの反応


・ウケるwww 一本とられたw 子供ってよく見てますね
・ぱぱw 
・子供に学ぶことは多々ありますねぇ。
・あら、いいですね
・これはつらいw
・子供は正直・・・www
・子供はちゃんと見てるww
・ついったー(笑)

情報元
http://twitpic.com/3ebge0

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング