最近の坊主が全然「煩悩」を押し殺していないと話題に

秒刊SUNDAY / 2013年12月19日 17時0分

13872676707178251

お寺のお坊さんといえば「精進料理」を食べ普段は質素倹約に努め、多少過大なのかも知れませんが「煩悩」を捨ててるための修行をしているというイメージが強い。ところが最近のお坊さんはそうではなく、普通にお肉を食べ、大好きなファッションを購入、自分の好きな趣味には没頭するという現代風坊主が主流のようです。そんな楽しそうな坊主を紹介したい。

画像

何とファーストフードでお会計するお坊さんや、道端を歩いている坊さんの手にはなんと「萌え」系の雑誌を発見。最近では「精進料理」などという古臭い仕来りは無くなり、普通にお肉を食べ好きなアニメに没頭し、大好きな時計やスマートフォンを持ち歩くという、ある意味我々と同じような水準の生活をしているようだ。お坊さんが「欲」に走ってはいけないというルールはないのかと思うが、修行中であるというイメージが強く、その為幾分か気を使っていたあの気持ちは何だったのかと問い詰めたくもなる。


―ZARAでオシャレもする。



もはや坊主の格好もすてるのか、ZARAでお買い物をするお坊さん。もちろん休日は私服を着てお坊さんと分からないような恰好をしているのかと思うが、イメージダウンだ。ちなみに宗派にもよるがお坊さんには休日という概念はないようだ。いつ休養が入るかわからないから待機ということだが、それを考えると少しは欲を出しても許されるのだろうか。

とはいえ、高級時計や車など高額所得者としての代名詞を身につけるお坊さんに「納得できない」との声も。


―海外の反応

・ヘッドフォン買って何きくんだよ、お経か?
・最近の僧侶は本当に何でもする
・なんてっこた
・残酷すぎるだろう
・僧侶あるあるだろこれ。
・こんな偽僧侶はさっさと地獄だな
・僧侶は高額所得者だな
・テレビで見たことがある
・結局僧侶は「人間」なんだよ
・僧侶も人。

参照
http://tt.mop.com/read_14495994_1_0.html

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング