本当か?チョコレートの致死量「体重の約1割」という情報が拡散

秒刊SUNDAY / 2014年1月14日 23時0分

chishi

チョコレートの致死量は体重の1割という興味深い情報が拡散している。1割ということはたとえば体重が60kgの場合、6キロということになりそれ相当のチョコレートを摂取すれば死ぬ可能性があるのだという。これはいったいどういうことなのだろうか、そもそも6キロというとんでもないサイズの食物を一気に体に入れれば単純にチョコレートでなくとも死に至る可能性もあるかと思うが、根拠はあるのだろうか。


―砂糖の致死量は1kg?

チョコレートの致死量については詳しい文献がないのですが、砂糖についてはそれらしき情報があります。なんと1㎏の砂糖を体に摂取すると死に至る可能性があるというのです。そのように説明するのが「Excite Bit コネタ」である。2008年の記事ではあるが、塩の致死量は30~300g・醤油は168~1500mlとの記載がある。とはいえ肝心の砂糖の致死量はわからなかったようだ。

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091162471932.html

またほかのサイトではラットなどの実験ではあるが「1800g」というデータが出ており、砂糖の致死量1キロという説を裏付けるソースは一応存在するようだ。

参考
http://hajime.halfmoon.jp/ajinomoto.html
http://blog.livedoor.jp/toshi_tomie/archives/52114642.html


―つまりチョコレートの中に含まれる砂糖がヤバい

さてチョコレートのメーカーにもよりますがその中に含まれる砂糖の量は65g中、20グラムです。ということでチョコレートが単純に6キロと同じぐらいの量になった場合の砂糖の量を計算してみましょう。(体重60キロで1割は6キロという計算)

そうすると、6キロの場合の砂糖の量は1840グラム。
(6000÷65=約92、92×20=1840)

なるほど、確かに致死量の1800グラムに近い数字が出た。ということはつまりチョコレートの中に含まれる砂糖が致死量を超えるので「危ないですよ」という答えになりそうだ。

いずれにせよ6キロのチョコレートを食べろという行為自体が自殺行為としか思えないようだ。

※板チョコ枚数にすると92枚程度ですね。


―ネットの反応

・6㎏食べさせるんだったら塩でも死にそうだけどな
・何かしら6kgも食えば死にそうですけどね。
・つまり一枚58gの明治の板チョコを約104枚暮らせたら死にます。
・ちょこれーと食べ過ぎには注意しとこ。
・どどんな食べ物でも体重の10%もある量食わされたら死ぬだろ
・こんなにチョコレート食べて死ぬなら幸せかも
・チョコレートの致死量って初めて聞くわww
・「醤油飲ませた方が早い」「やはり鉄アレイこそ最強」
・バレンタインでイケメンが全滅したら我らの時代ってやつ?
・ホットチョコ片手にチョコ食わすのか…
・気をつけなきゃ
・私が何kg食べたら死ぬかは絶対教えない。
・数グラムのチョコレートで致死量に達するわ
・この方法でチョコレート吐くまで食わせて殺してみたい

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング