携帯・スマホの使い過ぎを判定する画像が話題に

秒刊SUNDAY / 2014年1月16日 17時50分

don
携帯電話を使いすぎかどうかテストできる画像が話題となっている。画像を見てみると単純に親指をほかの指で握り、舌に傾けるというシンプルなテストのようだ。この行動により手が「痛い」と感じれば携帯電話を使いすぎだということらしいが本当なのだろうか。ネットではこの行為を実際に行い携帯使いすぎているなどという心配の声が広がっている。


こちらが話題となっていたツイート。親指をほかの指で隠して曲げるという方法だが、誰でも簡単にテスト可能である。実際にこのテストを行ったところ、かなり痛みを感じた。ではなぜこのようなテストで携帯電話を使いすぎるのかどうかが判るのだろうか。何かしらの根拠があるというのだろうか、実際に調べてみました。


―ドゥケルバン腱鞘炎のテスト


この行動は「ドゥケルバン腱鞘炎」のテストということだ。普段手首を使った繰り返し作業を行うことで、いつの間にか腱鞘炎になっているという場合に有効な判断テストのようだ。もちろんこのテストにより手首が痛めば「ドゥケルバン腱鞘炎」の可能性があるということだ。

例えば手首を使う仕事やスポーツなどにより発生する可能性がある。携帯電話もそのうちの原因の一つではあるが、その限りではなさそうだ。

※詳しい判断は医師の判断を必ず仰いでください。

http://www.knowyourdisease.com/treatment-of-tenosynovitis-de-Quervain.html



―ネットの反応

・右手痛すぎる…www
・めちゃめちゃ痛かった
・激痛って程じゃないが割と痛かったw
・興味本位でホイッてやったら いっっっってぇええぇええああぁ!
・結構いたいし笑
・フィンケルシュタインテストですね
・名前は「ドケルバン腱鞘炎」 名前は「ドケルバン腱鞘炎」
・これさ、右利きならボールペンやお箸もつかってるし、痛くなるの当たり前。
・後輩がこれの悪化で暫く親指使えなくなった
・痛くなかったよ
・痛くないよ
・スマホの使いすぎを判定する方法wwwwwwww :
・これって・・・腱鞘炎だね; 携帯だけでなくパソコンの使いすぎでもなるし


(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング