ヘビがインパラを丸呑みする衝撃的な「食事シーン」が話題に

秒刊SUNDAY / 2014年1月19日 21時6分

hebi

ヘビが人を飲み込んだ、下半身がヘビになってしまった・・・。ヘビにまつわる「まことしやか」なニュースは毎度のごとく世間を騒がせては「偽物」というオチに終わることが多いのが非常に残念ではありますが、中国国際放送によると、ヘビがなんとあの草食動物「インパラ」を丸呑みしたというのです。ヘビのような小さな生物がいったいどうやって体の中に自分より大きな動物を取り込むのだろうか。


画像

今回インパラを飲み込んでいるのは「アフリカニシキヘビ」だという。驚くべきはこのニシキヘビが5メートルや6メートルといった巨大なヘビではなく、2.4メートルのニシキヘビ(それでも十分大きいですが)であったことです。撮影者によると、まるでニシキヘビが無限大に体を膨張させているかのようだと話しているそうですが、まさに底なしの胃袋です。むしろ体全体が胃袋のような構造になっているのでしょう。何とも恐ろしい生物だ。


―食事は45分続いた

インパラを飲み込むまでなんと45分かかったという。しかも最後まで呑み込めず足が出ていたのだという。そうすると次の段階では、途中まで消化し徐々に体内に取り込んでいくという手法が考えられる。本当に本能的で恐ろしい。


―最大9メートルのニシキヘビも

記録によると最大9メートルものニシキヘビもいるのだという。今回はインパラでしたが、そのうち人間も・・・という可能性も十分あり得そうだ。


―動画でお食事シーン



参考
http://gb.cri.cn/42071/2014/01/18/6351s4395528.htm

(ライター:ユカワ)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング