地震研究家「巨大地震は3月5日か11日」とまた延期を示唆

秒刊SUNDAY / 2014年2月4日 16時59分

jisin

当サイトでも幾度となく紹介してきました地震研究家の「串田氏」の予測ですが、当初は昨年9月に近畿地方で巨大地震が発生するという目論見でしたが、徐々に延期。ついには地震予測が外れてしまったことを謝罪するという事体になってしまいました。そんな串田氏が新たな予測を発表。それによるとどうやら3月5日~11日の間に巨大地震が発生するというのです。

画像

―串田氏の地震予測とは?

串田氏は地震発生前に発せられる特殊な電波を解析し、その兆候に一定のリズムがあることを発見。その兆候が終息すると地震が発生するのではないかと予測しているのだ。2008年7月初旬から5年以上にわたり兆候を観測。最終予測では2月末までに地震が発生するということでしたがこちらも可能性が否定されました。

つまり串田氏の予測は次々と延期され現在に至っているため、最後の予測が当たる可能性も外れる可能性も高いのだ。


―これまでの経緯

これまでの経緯をざっくりまとめると以下のようになります。

2013/08/31 夕刊フジが「9月6日近畿にM8級大地震」を報じる
2013/09/04 9月6日地震予知は全否定!
2013/09/06 第6ステージに突入10月頭に地震
2013/10/01 10月頭の予測は「誤解」!発生は中旬予定
2013/10/10 11月中旬に延期の可能性
2013/10/17 11月17日予定もしくは「第7ステージ」への突入
2013/11/18 外れたことを正式に謝罪。第7ステージへ移行を示唆
2013/12/09 「1月初旬」もしくは第8ステージ突入

さて次こそは串田氏の予測はあたるのだろうか。


―3月5日~11日に可能性がある

しかし現在の兆候が最終段階という可能性があり、それが終息するといよいよ地震が発生すると予測。その予測によると3月5日~11日という計算になるとのこと。ただし、現在の兆候が終息しなければ4月にずれ込む可能性もある。


 「長期前兆No,1778」続報No,059
http://www.jishin-yohou.com/1778_zokuhou_No059.pdf


(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング