2ちゃん閉鎖騒動は「まとめサイト」が無料で過去ログを掲載するから?

秒刊SUNDAY / 2014年2月20日 9時41分

kakoeo

昨日から勃発している2ちゃんねる閉鎖騒動ですが、どうやら2ちゃんねる自体の資金繰りに難航しているのではないかという線が強いようです。発端は、昨年の2ちゃんねるビューワー「通称:●(まる)」の個人情報漏えいである。これにより多くのユーザが●離れをお越しサーバ運営費用が賄えない状態となっており、さらに追い打ちをかけるように「まとめサイト」が●の特典である「過去ログ閲覧権限」を利用し、無料でまとめてしまっているという問題もかかわってきます。


現在2ちゃんねるを管理している人物で最も有力である「ジムさん」が昨日投稿した書き込みによりますと「本日か明日中に過去ログが無料開放される。だがそれは実に愚かなことで海賊サイト(まとめサイト)などが自由にコピペしてしまう」などとぼやいていることが明らかに。ジムさん自体は、過去ログの無料開放を反対しているようだが、内部の運営側は開放すべきと、ある意味内部で揉めている様子を明らかにした。

そして資金源である「●」の情報流出により多くのユーザが●離れをおこし、追い打ちを書けるかのごとく「まとめサイト」が過去ログをまとめたものを無料で公開しているのだ。

となると2ちゃんねるユーザは、もはや「●」を利用する必要もなく早い話「まとめサイト」を見れば済む状態となってしまって、ある意味自滅に追い込まれているという考え方だ。

この件に関し、ネットの炎上等に詳しい「やまもといちろう」氏はFOX★(前有力者)に間接的に聞いたが、本当かどうかはわからない。ツイッター上でコメントしている。


―資金源とサーバ代

2ちゃんねるの運営資金は先程述べました「●」と広告「バナー広告」によって賄われていると思われます。月のサーバ代はおおよそ2万ドルと推定されておりますが、日本屈指のユーザ数を誇る掲示板ということもあり、もう少し多いのではないかと思われます。

バナー広告は年々クリック率や、単価自体が下がっていき個人情報流出や風評被害等でクライアントも減少します。つまり2ちゃんねる全体の収益が減ってきているため、運営が厳しくなっているという考え方が一般的ですが、内部による騒動がある意味サーバダウンという形で表面化しているのではないかと勘繰りたくもなります。

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング