Windowsのポインター実は少し歪んでいることが判明!

秒刊SUNDAY / 2014年2月21日 12時2分

pointer

Windowsのマウスポインターが、実は正確な矢印のドット絵になっていないのではないかという疑惑が持ち上がっている。さっそく画面をキャプチャーし拡大させたところ確かに怪しく傾いているように見えた。この仕様はあえてそのように設定されているのだろうか、それとも昔からの名残などでこのままとなってしまったというのだろうか、実際どれぐらい曲がっているかなどの調査結果も出回るほどだ。


こちらが実際にポインターが歪んでいる疑惑を調査したもので、やはりこの調査結果からしてポインターは歪んでいたのである。もっと言えば矢印の尾の部分が右に寄っていることも判明。明らかにこれは意図的にこのような仕様に舌に違いない。そう勘繰りたくもなるが現時点ではなぜまがっているのかはわからない。しかしこれが一時になってしまうと、ずっとポインターを眺めてしまう羽目になってしまい、ちょっと気持ち悪い。何とかならないものだろうか。


―なぜ曲がっているのか

ではなぜポインターは曲がっているのだろうか。想定される理由を挙げてみると以下の理由が挙げられる

・昔からの名残
・昔はドット数が少なくきれいに見せるには今の状態が最も適している
・実はこの方が見やすい
・ポインターのデザイン版権業者との契約上の問題
・気づいていない

気にされる方は、デザインを変えてみよう


―ネットの反応

・ 単純に垂直と水平のガイドがないとあかん理由でもあんのかね。
・ 気にしてた気にしてた。なんでこれなんだろう"
・ そうやったんか!次からマウスカーソル作る時そうしよ。
・ うっすら以前から気になっていたことを。
・ こういう皆が当然だと思っていることを疑い、調査するのは大切なことですよ
・ いやはやこれわ同士的プチ溜飲。
・ 気づいた瞬間ちまちましたマウス操作地獄
・ あ、これ僕も気になってました。
・ 気になってたッ!!
・ 一旦気づくと気になってしょうがない…
・ これ検証した人は結構いるんだな
・ 深いなあ
・ そう、コレ気持ち悪い。
・ Windows を使うたびに気になってました。
・ これめっちゃ気になってた

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング