電源タップが炎上するとヤバい!メーカーによっては一瞬で丸焦げに

秒刊SUNDAY / 2014年4月11日 9時36分

1397105195913-62

電源タップはその性質上、多くの電源を刺して共有するため非常に熱を持ちやすく発火の原因になりやすいことは知られている。もちろん多くのコンセントを差し込まなくても、ホコリやチリなど小さな可燃物から発火し炎上するということはまれにあるので注意が必要だ。そんな中、ん電源タップが燃えるとどのようになるのか海外サイトで注目されており、モノによっては丸焦げになるものも。

画像


こちらが電源タップの燃焼後だ。今回は実験的に燃やしたからよいものの、これが自然にそして突如発火していたらと思うとぞっとする。当然炎は電源タップだけにとどまらず周辺の可燃物を次々と燃やしあっという間に部屋の中は火の海と化すだろう。ということで今すぐ電源周りを確認し炎上する恐れが無いか確認したほうが身のためでもあるし、大切な財産(ハードディスク等)を失わないようにするためでもある。


―メーカーによって燃え方は異なる



メーカーや素材によってそれぞれの耐熱性は異なるのでその点も購入時に注意して確認したほうが良いだろう。参考までにABS樹脂などの素材は「耐熱温度は70~100℃」となっているが、多くの素材はABS樹脂が使われている。

とは言え一度炎に包まれればどんな素材であろうとも、燃えることは確実なのでこまめに清掃を心掛けるしかなさそうだ。

ABS樹脂
http://www.toishi.info/sozai/plastic/abs.html

参考
http://tt.mop.com/read_14805118_1_0.html


(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング