「ヘビ花火」のようなマックの新ポテト「カーリーポテトフライ」食べてみた

秒刊SUNDAY / 2015年1月8日 16時18分

写真

「ヘビ花火」のようなマックの新ポテト「カーリーポテトフライ」食べてみた



ポテトの輸入停止や、ナゲットの不祥事など度重なる不運が続くマックですが、そんな中今最も熱い商品といえばこちらの「カーリーポテトフライ」ではなかろうか。海外では割とポピュラーなこのポテト、見た目は通常のポテトに比べ曲がっており、渦を巻いているものもあるという日本人にはあまりなじみのないポテトだ。ということで早速試食。


―驚くほどサクサクな食感

まず驚くべきはこの食感。普通のポテトは、しなやかな舌触りと油で潤ったしずる感たっぷりのオイリーなポテトで時間がたつとへにゃへにゃになりがちだが、こちらは違う。なんとスナック菓子のようなサクサク食感で食べた瞬間「サクッ」と口の中で香ばしいあげたての味わいを楽しめる。

ある意マックらしからぬポテトではあるが、ベトベトが嫌いな方にはオススメ。


―意外にスパイシー

普通のポテトとは味も違う。こちらはスパイシーでチョッピリからい。それもそのはず5種類のスパイスがはいったオリジナルフレーバーとなっている。このスパイスフレーバーだけでも売って欲しいぐらいだ。

オプションで、マスタードソースをつけると更にうまい。


―レギュラーメニューに追加できる。

50円の追加料金でバリューセットにカーリーポテトフライを追加できる。出来ればレギュラーメニューにカーリーポテトフライを入れて欲しい。


値段は単品で350円で、意外に長持ちする。
期間限定のようなのでこの期間を逃さないようにしたい。




カーリーポテトフライ

http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/curlyfry/

(秒刊ライター:ユカワ)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング