遠くへ、どこか遠くへ。いっそ、地の涯へ。【世界自然遺産 北海道知床】 

TABIZINE / 2018年8月5日 12時0分

tabizine.jp

地の涯(はて)へ旅したい【世界自然遺産 北海道知床】 

時に現実の生活から、離れたくなる時がありますね。デジタルや多すぎる情報から逃れて、無性に旅に出たい気持ち。

遠くへ、どこか遠くへ。いっそ、地の涯へ。

世界自然遺産国立公園内にあるホテル「地の涯」
地の涯(はて)へ旅したい【世界自然遺産 北海道知床】 
北海道北東部に位置する知床半島は、海と川と森がひとつになった自然と生物の宝庫。

白神山地、屋久島に続き、国内3番目に知床が世界自然遺産に登録されました。冬に知床の海を覆いつくす流氷は栄養分でプランクトンを養い、知床の海を豊かにします。その豊かさは、海に生物を育てます。希少な動植物が残っているのも、手付かずの自然が残り、生態系が守られているからこそ。この世界自然遺産域内に、ホテル「地の涯」があります。

知床はアイヌ語の「シリエトク(地の果て)」から由来した
地の涯(はて)へ旅したい【世界自然遺産 北海道知床】 
(C) At Press

知床はアイヌ語でシリエトク(地の果て)から由来しています。深い森の中にある、ホテル「地の涯」。携帯の電波が届かない秘境。到着までの道には、「クマ出没注意」の看板が見られます。

原生林に囲まれる静寂
地の涯(はて)へ旅したい【世界自然遺産 北海道知床】 
(C) At Press

ホテル裏の原生林に囲まれた場所。2018年の営業は11月8日までの予定で、冬は休業予定。雪が深く、道路が閉鎖されるようです。

野趣溢れる露天風呂
地の涯(はて)へ旅したい【世界自然遺産 北海道知床】 
混浴露天風呂(源泉かけ流し)
(C) At Press

地の涯(はて)へ旅したい【世界自然遺産 北海道知床】 
混浴露天風呂(源泉かけ流し)
(C) At Press

うっそうと生い茂る原生林をバックに、大自然に溢れた露天風呂。川のせせらぎが耳に心地よく、自然の中で温泉を楽しめます。
混浴ですが、湯浴み着の用意(宿泊者は無料)があるので安心。夜は星空が眺められるでしょう。

内湯はもちろん男女別
地の涯(はて)へ旅したい【世界自然遺産 北海道知床】 
内湯(源泉かけ流し)
(C) At Press

男女別に分かれた内湯で、ゆっくりと日常の疲れや心の垢を落としましょう。

温泉名:岩尾別温泉

泉質:純食塩泉
効能:リウマチ、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
禁忌症:急性疾患(特に熱のある場合)/腎不全/呼吸不全/出血性疾患/高度の貧血/活動性の結核/悪性腫瘍/重い心臓病/妊娠中(特に初期と末期)/その他一般に病勢進行中の疾患

地の涯でもベッド付
地の涯(はて)へ旅したい【世界自然遺産 北海道知床】 
ベッド付き和室
(C) At Press

地の涯でも、ちゃんとベッド付。森の中にあるので、夜は深い闇。雑音もなく、ぐっすり眠れますよ。

知床の旬がいただける
地の涯(はて)へ旅したい【世界自然遺産 北海道知床】 
(C) At Press

知床の旬が盛り込まれた夕食。食の宝庫の北海道の幸がいただけます。

旅心を誘うネーミング「地の涯」

6月にリオープンしたばかりのホテル「地の涯」。遠いからこそ行く価値があり、旅心を誘うネーミングは、旅人を招いています。秋までに行ってみたい、北海道の秘境です。


ホテル地の涯(ホテルチノハテ)

所在地: 〒099-4356 北海道斜里郡斜里町岩尾別温泉
TEL  : 0152-24-2331
URL  : http://iwaobetu.com/
営業日: 2018年11月4日まで(2018年度。2019年度以降は未定)
      ※2018年度は冬季休業予定
客室 : 41室(全室禁煙)

[Photo by shutterstock]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング