【世界遺産に泊まる 第3回】ワイン樽の中に泊まる、口コミ評価の高い「キンタ・ダ・パチェカ」

TABIZINE / 2019年6月29日 16時0分

tabizine.jp

Quinta da Pacheca

世界遺産に泊まる旅

人気旅行先として、旅行客が増加している世界遺産。世界中で総数約1,100件の世界遺産があるそうです。日本ユネスコ協会によると、世界遺産とは「地球の生成と人類の歴史によって生み出され、過去から現在へと引き継がれてきたかけがえのない宝物」。その世界遺産に泊まれる宿があるのをご存知でしょうか。世界中から注目を集め、過去から現在へ受け継がれてきた遺産を、泊まりがけでゆっくり味わいたいと思いませんか。

夏から秋の旅行シーズンに先駆け、「世界遺産に泊まれる宿」を連載でお届けします。第3回目は、ポルトガルの「キンタ・ダ・パチェカ Quinta da Pacheca」です。

2001年ユネスコ世界遺産に登録された、ポルトガルの「アルト・ドウロ・ワイン生産地域」
267516-01

2001年ユネスコ世界遺産に登録された、ポルトガルの「アルト・ドウロ・ワイン生産地域」。ポルトガル政府は、同国北部を流れるドウロ川上流(アルト・ドウロ地区)をポートワインの法定区域と定め、同地区で栽培された葡萄を原料とした酒精強化ワイン(vinho fortificado)にポートワインと名乗ることを許しています。

470年近くの歴史があるワイナリー
Quinta da Pacheca

ペソ・ダ・レグーアにある「キンタ・ド・パチェカ」(Quinta da Pacheca)は、アルト・ドウロのワイン栽培地域で最も古いワイン農家の一つ。葡萄畑の歴史は16世紀に遡ります。1551年当時の文書には、サルゼダス修道院とサン・ジョアン・デ・タロウカ修道院のものであったと記されており、約470年もの歴史があるワイナリーだと分かります。

昔ながらのやり方で作るワイン
Quinta da Pacheca

ドウロ渓谷のポートワインは、昔ながらの「人間の素足で葡萄を踏みつぶす」方法で作っています。収穫時期であれば観光客も参加でき、「キンタ・ダ・パチェカ」では石のプールのような中に沢山の人が入って、歌いながら昔から受け継がれているやり方で圧搾作業をします。私たちもやってみたいですね。

ポートワインって、なに?
Quinta da Pacheca

(C) Facebook Quinta da Pacheca

「ポルトガルの宝石」と呼ばれるポートワインは、ブランデーを加えて途中で発酵を止めた、濃厚で甘いワインのこと。ただし質の良いポートワインは単に甘いだけでなく、素晴らしい香りを持った上品な甘さ。味わってみたら、病み付きになることでしょう。ヴィンテージ・ポートは、「極めて質の良いぶどう」が収穫された年に、そのぶどうだけで作られヴィンテージ宣言をして認められたポートワイン。最低でも15年~20年、長いものは50年以上熟成させたもので、奇跡のようなワインだそうですよ。

自宅を改造したワイナリー併設のホテル
Quinta da Pacheca

ポルトガル現地では、農園(葡萄畑)をキンタと呼びます。「キンタ・ダ・パチェカ」は、自宅を改造したワイナリー併設のホテル。ワイナリー見学、ワインの試飲、ワインショップ、レストランの食事も出来ます。 

Quinta da Pacheca

18世紀の建物を改装した、15室のホテル。白を基調にした清潔感のある感じ。

客室にはヴィンテージのルイヴィトンのトランク
Quinta da Pacheca

インテリアは、ナチュラルカラーで落ち着ける雰囲気。お部屋内に積まれているトランクは、アンティークのルイ・ヴィトン。「自分の家だと思ってね」と鍵を渡され、放っておいてくれるので、肩肘を張らずにリラックスして過ごせます。

落ち着けるラウンジ
Quinta da Pacheca

奇をてらわないラウンジは、気が安まり、落ち着けます。

葡萄畑の中に樽が転がっている?
Quinta da Pacheca

20.5ヘクタールの葡萄畑の中に、ワインの樽が転がっていますよ。

ワイン樽の中に泊まる
Quinta da Pacheca

実は葡萄畑にあるワイン樽に泊まれるのです。葡萄畑を眺めながら、ワインを傾け、ワイン樽の中で眠るなんて夢のようですよね。

Quinta da Pacheca

中には宿泊に必要なものは揃っていて、ベッドに寝っ転がりながら、葡萄畑を眺められます。

Quinta da Pacheca

ワイン通のあなたにとっては、憧れていた夢の世界。ぜひ泊まるべきですね。

Quinta da Pacheca

宿泊客は、美しい葡萄畑を自由に散策できますよ。

ご自慢のポートワインと評価の高い朝・夕食
Quinta da Pacheca

アルト・ドウロ・ワイン生産地域のポートワインは美味しさに定評があり、2018年トラベラーズチョイス「世界の人気ワインツアー ベスト10」でも、第2位に選ばれるほどの人気。ダイニングルームは、グリーンを基調とした葡萄畑のイメージ。ディナーはワインによく合う料理が出され、朝食はクロワッサンやポルトガル名物のエッグタルト、ハムやチーズ、スクランブルエッグなど。朝・夕食とも美味しいと評価が高く、食事が楽しみで訪れる客も多いようですよ。トリップアドバイザー、エクスペディア、Hotell.com、 Booking.comなどでも宿泊者の口コミが良い宿です。

もちろんお土産には、ご自慢のポートワインを持ち帰りたいものです。

[tabizine_related ids="237651"]

記事協力および写真提供 Quinta da Pacheca 
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。
Do not use images without permission.

キンタ・ダ・パチェカ(Quinta da Pacheca)

住所:Rua do Relógio do Sol 261 Cambres 5100-424 Lamego, Portugal
電話:(+351) 254 331 229

Website: https://quintadapacheca.com



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング