お茶のカクテルも…1862年創業の老舗台湾茶ティーサロン「王德傳(ワンダーチュアン)」が日本初出店【COREDO 室町テラス】

TABIZINE / 2019年9月29日 15時0分

tabizine.jp

9月27日(金)に日本橋室町にオープンした「COREDO室町テラス」に、台湾発のティーサロン「王德傳(ワンダーチュアン)」が日本初出店しました。赤い缶が目を引く本格的台湾茶をいただける「王德傳」をTABIZINEライターがいち早くチェックしてきました!
1862年創業の老舗台湾茶ティーサロン「王德傳」

茶師が淹れた台湾茶を店内で
赤いお茶の缶が目を引く店内
「王德傳」は、1862年創業の老舗台湾茶ティーサロン。今回は日本初出店ということで、「コレド室町テラス」の台湾発セレクトショップ「誠品生活」内にオープンをしました。壁に並べられた赤いお茶の缶が目印です。

横に広がる店内
店内は横長に広がっており、右側に入るとイートインスペースがあります。こちらでは台湾茶を使ったドリンクを提供するとのこと。もちろん、テイクアウトもあります。

店の奥にはお茶を淹れるカウンターが

茶師が目の前で台湾茶を淹れてくれる
一番奥には半円形状のカウンターが。ここでは茶師が台湾茶を目の前で淹れてくれるのです。

ゆったりした気持ちで台湾茶を

烏龍茶たち
王德傳の台湾ウーロンは、すべてお茶専門の産地のものから厳選されたものなのだとか。ゆったりとしたペースでお茶を淹れていく姿を見ていると、なんだかリラックスしてしまいます。

タピオカミルクティーからカクテルまで

お店で提供されるドリンクは、全て台湾茶を使ったもの。テイクアウトメニューでは、人気のタピオカミルクティーから、ブルーベリーを使ったお茶ドリンクなど用意。タピオカのトッピングをプラスすることができます。

おしゃれなグラスに入ったアイスの台湾茶

ほっとのフルーツティーも
店内でのドリンクは、アイスは富士山のような形をした特徴的なグラスにサーブされます。タピオカミルクティーも黒糖を使ったマーブル模様がおしゃれ!白い器に入っているのは、ホットのフルーツティー。たっぷりの果物たちと一緒にいただきます

お茶で作られたカクテル
また、お茶を使ったカクテルも用意。お茶でカクテル?という感じがしますが、意外とピッタリ合うとの話で、気になる方はお試しあれ。

お土産にもピッタリの台湾茶たち
お茶が販売されていて、お土産にも使える
お店の左側には台湾茶や茶器などが販売されています。自宅でも台湾茶を楽しむことができますし、お土産にも。

赤い缶はもらったら嬉しい
赤いお茶缶はとても可愛いので、ついつい集めたくなってしまいそう。品揃えはウーロン茶がメインですが、プアール茶などもありました。

茶器とセットになっていて、ギフトにおすすめ
こちらのセットは、茶葉と茶器が一緒になっているのが嬉しいですね。台湾茶を初めてという方にオススメです。自分用にもギフトにも使えそうです。

台湾茶が学べる教室も開催予定
台湾茶を学ぶ教室も今後は開催していく

今後は、店内で台湾茶の世界を体験できる教室なども行っていく予定とのこと。飲むだけでなく、自分でお茶を淹れてみて、奥深い台湾茶を自分で感じてみるのもいいですね。


王德傳(ワンダーチュアン)
住所:東京都中央区日本橋室町3-2-1 COREDO室町テラス 2F
営業時間:10:00~21:00
電話番号:03-6262-3995
HP:https://mitsui-shopping-park.com/urban/muromachi/store/1386133.html



[All Photos by Kaori Simon]
Do not use images without permission.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング