台湾なのにまるで昭和?頭城老街観光のランチは「老街懷舊食堂(ラオジエファイジウシータン)」がおすすめ【台湾】

TABIZINE / 2020年1月22日 16時0分

tabizine.jp

台湾の宜蘭県には魅力的な観光スポットやグルメ店が点在しています。古い街並みがレトロ感たっぷりな頭城老街(トウチェンラオジエ)は、礁溪駅から鉄道で二駅と、宜蘭観光の合間にちょっと寄ってみるのにぴったりのスポットです。ランチの場所に困ったら、昭和レトロを思わせる内装が人気の「老街懷舊食堂(ラオジエファイジウシータン)」がおすすめです。
料理が到着

頭城老街のおすすめグルメ店「老街懷舊食堂(ラオジエファイジウシータン)」を調査
頭城老街
頭城駅から徒歩5分くらいの場所に、頭城老街(トウチェンラオジエ)として親しまれている古くからの街並みが残されている通りがあります。数十年前に時間が戻ってしまったかのような、懐かしさを感じる建物に趣を感じます。

老街懷舊食堂
頭城老街散策の合間にランチを楽しみたい時は、老街のすぐ近くにある「老街懷舊食堂(ラオジエファイジウシータン)」がおすすめ。レトロ感たっぷりなこのお店では、古くから台湾で親しまれている料理や宜蘭県の名物グルメなどがいただけます。

レトロ感たっぷりな店内に観光気分が盛り上がる!
レトロ感たっぷりの店内
一歩店内に足を踏み入れれば、そこはまるで昭和レトロを思わせるような雰囲気です。でも、ポスターなどに使われている文字は当然ながら漢字ばかり。不思議な雰囲気の店内に観光気分が盛り上がります。

映画館の窓口のよう
注文兼会計窓口も、まるで映画館のチケット売り場のようです。

駄菓子屋さん?
料理だけでなく、駄菓子やおもちゃなども販売されています。気になるものをお土産に買って帰るのもよいですね。

台湾で昔から親しまれている料理や宜蘭名物グルメが豊富
メニュー表
こちらがお店のメニュー表です。台湾定番料理や宜蘭名物グルメ、飲み物などがずらりと並びます。人気のメニューには「超人氣」などの表示がされているので、参考に選んでみるのもよいでしょう。お店一番のおすすめは、懷舊滷排骨飯(懐かしの豚スペアリブご飯)のようです。

台湾ならではの料理をぜひ
料理が到着
筆者たちはそこまでお腹が空いていなかったため、魯肉飯や乾麵など軽めの料理とスープ類をオーダーしてみました。

天霸王滷肉飯
こちらは天霸王滷肉飯です。白いご飯に豚そぼろとザーサイ、目玉焼きがのっています。豚肉のとろっとした食感がおいしいです。

乾麺
こちらは打魯乾麵です。汁なし麺に、豚そぼろが少しかかっています。滷肉飯も乾麵も、味は街の食堂の平均レベルかなぁと感じました。

山苦瓜排骨湯
こちらは山苦瓜排骨湯という、苦瓜と豚のスペアリブが入ったスープです。肉の旨味たっぷりのスープに、苦いゴーヤの組み合わせがおいしいです。

「老街懷舊食堂」はメニュー数が豊富で、お腹の空き具合で料理を選びやすいので使い勝手がよいなと感じます。お腹がすいていれば、台湾ならではの名物グルメを注文しつつ、宜蘭の名物グルメをみんなでシェアしながらいただくスタイルがおすすめです。何よりここは内装が凝っているため、観光合間に食事を取りつつ写真撮影を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

老街懷舊食堂
住所:宜蘭縣頭城鎮青雲路三段177號



[All photos by Yui Imai]
Do not use images without permission

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング