【世界ひとり飯(7)】香港のミシュラン店で牛肉麺「九記牛腩」食べてにんまり

TABIZINE / 2020年2月29日 12時0分

tabizine.jp

世界50カ国以上を一人旅した筆者が、世界で出会い心に残った食べ物をご紹介。前回に引き続き、今回も香港で見つけた逸品をクローズアップ。香港に行ったら絶対に食したい、「牛肉麺」です。


香港の麺料理もどうも奥が深そうです
香港を歩いていると、どこにでも小さな規模の中華麺の店があって、それぞれが特徴のある麺料理を提供しています。麺料理の種類も多いので、「1つの店で全種類の麺料理」といったお店というよりは、その麺料理の専門の店がほとんどだと思います。日本でも、「あのお店のあのラーメン」といった人気店が多い状況に似ているように感じます。

日本で食べるラーメンは豚肉や鶏肉を使うものは多いのですが、牛肉を使うものはあまりないと思います。さて、「牛肉麺」とはどんなものなのでしょうか。

ミシュラン「ビブグルマン」の人気店

今回ご紹介する牛肉麺の店の名前は「九記牛腩」。Kau Kee(カウ キー)と表記されることもあります。12:30のオープンを目指して30分くらい前に出かけてみると、すでに30名くらいの客が店の前から隣の歩道に向かって、長蛇の列を作っていました。

場所はMTRの上環駅から歩いて6分ほど。この辺りはビジネス街の西の端。海側にはマカオへのフェリーふ頭があって、山側にいけば歓楽街のソーホーがあります。アンティーク街のキャット・ストリートも近くにあります。

さて、前回同様、もう一度ミシュランの格付け、念のためにおさらいしておきますね。

• 三つ星 そのために旅行する価値がある卓越した料理
• 二つ星 遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理
• 一つ星 そのカテゴリーで特に美味しい料理
• ビブグルマン 3,500円(サービス料、席料含む)以下で特におすすめの食事を提供している
• ミシュランプレート ミシュランの基準を満たした料理
今回のお店は「ビブグルマン」です。カジュアルに楽しめておいしい料理ということになります。

牛骨ベースのアッサリスープに平打ちの卵麺

開店と同時に、店員さんに誘導されて次々と客が中に入っていきます。ちょうど自分の前にいる4人のグループの前で満席になったのか、動きが止まりました。すると、店員さんがまた出てきて、「お一人ですか?」と聞かれたので「はい!」と答えると、1つだけ空いていた席に案内してくれました。


日本語で書かれたメニューもありますがよくわからないので、忙しそうに動き回る店員さんを捕まえておすすめを聞いてみると、「牛バラ入卵麺 特製シャンタン・スープ仕立て」を指さされたので、素直にオーダーしました。


「牛バラ肉」はほろほろになるまで煮こまれていて、かなりのボリュームで存在感があります。「卵麺」は平打ち麺で、ペロッとした口当たり。「シャンタン=上湯」は牛ベースのスープで、とても丁寧に仕込まれてクリアで濁りがありません。

こんなにいい素材を使って丁寧に作られた牛肉麺が、60香港ドル(約850円)ほどです。たまご麺以外に、米粉や春雨もあります。(55香港ドル 約800円)。またそれぞれの麺にカレー味のスープも選べます(スープが違っても同じ価格のようです)。

とはいえ、ゆっくりできる感じじゃありません

観光客も多い店内。写真を撮ったり、一緒に来た友人と違うものを頼んで味見をしたりと、それぞれが楽しんでいます。でも、食べ終わったらそうそうゆっくりできなさそうです。店の外に出ると、まだまだ行列が続いていました。

それにしてもこんな上質なスープと麺、牛肉が一つの器で楽しめるなんて、ちょっとにんまりとしてしまいました。

九記牛腩
住所:Ground Floor, 21 Gough St, Central, 香港
電話:+852 2850 5967
営業時間:12:30~22:30 日曜日定休
https://guide.michelin.com/en/hong-kong-region/hong-kong/restaurant/kau-kee 




[All photos by Atsushi Ishiguro]

[tabizine_related ids="315526,316871,318578,320160,321057,321677"]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング