国内2カ所目の“星空保護区”に認定!東京都の島「神津島」ってどんなところ?

TABIZINE / 2021年1月9日 12時0分

tabizine.jp

神津島という東京都の島をご存じでしょうか?神津島は伊豆諸島のなかの1つで、星空が美しい島として知られています。2020年12月1日には、国内2カ所目の星空保護区として認定をされたばかり。また、その海の美しさから、夏はダイビングスポットとしても人気なのだそう。今回は、神津島の魅力や観光スポットについてご紹介します。
神津島に行くには・・・
大型夜行客船
神津島へのアクセスは、東京からであれば船か飛行機になります。竹芝客船ターミナルから、高速ジェット船で約3時間45分、大型夜行客船で約12時間。
新中央航空
飛行機は調布飛行場から約45分でアクセスできます。そのほか、熱海港や下田港からも船で行くことができます。詳しくはこちらからどうぞ。

レインボーブリッジ
時間や効率重視の方は高速ジェット船や飛行機でのアクセスがベストですが、大型夜行客船で12時間かけて行くというのもまた楽しいですよ。出港後、船上から美しい東京の夜景を見ることができます。下からレインボーブリッジを見上げるというのも、なかなかない体験ですよね。
十字架がそびえるありま展望台
ありま展望台
©神津島観光協会

島の西側にあり、前浜海岸を一望できる「ありま展望台」には、「じゅりあの十字架」があります。16世紀に朝鮮から連れてこられた、キリシタンのおたあジュリア。彼女は豊臣から徳川へと世が移った17世紀の初頭、家康による棄教の命令を拒んだことで、島流しの刑に処されることに。伊豆諸島の大島、新島を経て、ジュリアは神津島に流れ着きました。その後神津島で過ごしたジュリア終焉の地として、偲び建てられたのが「じゅりあの十字架」です。神津島では、彼女をしのぶ島の祭りも毎年行われています。

ありま展望台
©神津島観光協会
ありま展望台
住所:東京都神津島村鴎穴
駐車場:有

飛び込みスポット!シュノーケリングも楽しめる赤崎遊歩道
赤崎遊歩道
島の北部、赤崎海岸にあるのは、木造の赤崎遊歩道。
赤崎遊歩道
遊歩道には飛び込み台が設けられており、神津ブルーといわれる美しい海へ飛び込んだり、シュノーケリングをして楽しめます。遊歩道の展望台からは伊豆諸島北部の島々や富士山を望むことができます。
赤崎遊歩道
自然によって造られたさまざまな形の岩場も必見!夏は海の家がオープンしてにぎわう、島の人気スポット。夜には星空の鑑賞スポットとしてもおすすめですよ。
赤崎遊歩道
住所:東京都神津島村神戸山1
アクセス:神津島港より車、バスで15分

阿波命神社
阿波命神社
静岡県・三島大社に祀られている事代主命(ことしろぬしのみこと)の正后を祭神とする、阿波命神社(あわのみことじんじゃ)。階段がありますが、手前に賽銭箱がありますので、賽銭箱の位置でお祈りしましょう。

阿波命神社
毎年4月15日に例大祭が行われますが、参拝の際には長浜海岸で平たい石を拾い、その上に濡れた砂をのせてから鳥居の下へお供えします。

長浜海岸
長浜海岸には、渚に色とりどりの小石があることから五色浜とも呼ばれます。
長浜海岸
旅の記念に、思わず持ち帰りたくなるような丸い小石が砂浜に転がっていますが、浜の石を持ち帰ると必ず神罰があたるとの言い伝えがあります。長浜海岸を訪れる際には気をつけてくださいね。
阿波命神社
住所:東京都神津島村長浜1-2

水が豊かな神津島!多幸湧水
多幸湧水
神津島は水が豊かで、島の至るところで水が湧き出るポイントがあります。そのうちのひとつが「多幸湧水」。多幸湾周辺に湧き出ている水で、「東京の名湧水57選」のひとつです。
多幸湧水
ぜひ、空きペットボトルやマイ水筒を持参して、まろやかな口当たりでおいしい水を味わってみてくださいね。
多幸湧水
住所:東京都神津島村榎木が沢
アクセス:多幸湾船客待合所から徒歩2分

神津島では金目鯛を味わおう
神津島で獲れる代表的な魚介が金目鯛。
よっちゃーれセンター2階レストラン
よっちゃーれセンター2階にある海鮮料理レストランでは、新鮮な魚介を使った料理を味わえます。

漬丼定食
漬丼定食
筆者はここで「漬丼定食」をいただきました。
よっちゃーれセンター2階レストラン
漬丼定食は、旬の地魚を漬丼にしてくれるので、その時々によって魚の種類は異なります。この日は、金目鯛、メダイ、赤イカでした。
よっちゃーれセンター2階 海鮮料理レストラン
住所:東京都神津島村神津島港内
アクセス:神津島港内
営業時間:11:00~14:00(季節営業あり)
定休日:毎週火曜日、1月1日~1月2日(夏季無休)
[Twitter]

夜の星空観察ははずせない
赤崎遊歩道
写真提供:成澤広幸/赤崎遊歩道

神津島を訪れたら、夜の星空を見に、ぜひ出かけてみてください。2020年12月1日に星空保護区に認定された神津島では、見たこともないような美しい星空を見ることができます。よたね広場では、「神津島まるごとプラネタリウム」を20時から45分間開催。星空ガイドによる解説を聞きながら楽しむことができますよ。星空観察について詳しくはこちらから。

神津島の星空については、こちらの記事もどうぞ。
■あわせて読みたい

目に見える星空とは違うものが撮れる!?“星空保護区”の神津島で星空を撮影してみた

[Photos by Chika]

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング