【京都】昔は銭湯だった町家カフェで至福のもっちりパンケーキ

TABIZINE / 2015年9月16日 13時0分

tabizine.jp

京都を訪れたら一度は行きたい、町家カフェ。
実は昔銭湯だったところもあるって、知っていましたか?

嵯峨野湯
【京都】昔は銭湯だった町家カフェで至福のもっちりパンケーキ
(C) flickr/Yuko Honda

嵐山にある「嵯峨野湯」もそのひとつ。外観からは言われてみないとわからない人も多いかもしれません。

【京都】昔は銭湯だった町家カフェで至福のもっちりパンケーキ
(C)SAGANOYU

揺れるのれんに誘われてお邪魔します。

【京都】昔は銭湯だった町家カフェで至福のもっちりパンケーキ
(C) flickr/Yuko Honda

懐かしい風合いのタイルや洗面所、蛇口など銭湯の名残が、ちょこちょこと顔を出します。


【京都】昔は銭湯だった町家カフェで至福のもっちりパンケーキ
(C) twitter/嵯峨野湯

これからの季節はテラス席も気持ちよさそう。真ん中にたたずむ紅葉が色づくのは、11月の終わり頃でしょうか。

【京都】昔は銭湯だった町家カフェで至福のもっちりパンケーキ
(C)SAGANOYU

【京都】昔は銭湯だった町家カフェで至福のもっちりパンケーキ
(C)SAGANOYU

お豆腐パスタやカレーなど、お食事もできます。どれもおいしそうです。

【京都】昔は銭湯だった町家カフェで至福のもっちりパンケーキ
(C) twitter/嵯峨野湯

しかし、本日の目的はスイーツ! 暑い日だったので、桃のかき氷とパンケーキをオーダーしました。

【京都】昔は銭湯だった町家カフェで至福のもっちりパンケーキ
(C)Aya Yamaguchi

かき氷は見た目通りふわふわの食感で、シロップも果実味たっぷり。ですが、驚いたのはさりげなく添えられたジェラートのおいしさ! 人生最高峰の桃ジェラートといってもいいくらい、絶妙な甘さと繊細な風味でした。

【京都】昔は銭湯だった町家カフェで至福のもっちりパンケーキ
(C)Aya Yamaguchi

お茶と塩こんぶがついてくるのもうれしい。

【京都】昔は銭湯だった町家カフェで至福のもっちりパンケーキ
(C)Aya Yamaguchi

そして待望のパンケーキ、1枚550円(ちょっとお得な感じがします)。まな板のようなトレーにのせられて登場です。こちらはシンプルなメイプル&ソルトバターバージョンですが、抹茶やフルーツなど、季節限定のパンケーキもありますよ。

【京都】昔は銭湯だった町家カフェで至福のもっちりパンケーキ
フレッシュチーズとベリーのパンケーキ(2015年7月) (C) twitter/嵯峨野湯

【京都】昔は銭湯だった町家カフェで至福のもっちりパンケーキ
(C)Aya Yamaguchi

生地はもっちりしていて、味わい深く、食べ応えのある感じ。豆乳とおからが練りこんであるそうです。1枚なんてあっという間に完食。

ごちそうさまでした。

さらさ西陣
【京都】昔は銭湯だった町家カフェで至福のもっちりパンケーキ
(C) さらさ西陣

【京都】昔は銭湯だった町家カフェで至福のもっちりパンケーキ
(C) さらさ西陣

もうひとつ、西陣エリアにある、元銭湯だったカフェ「さらさ西陣」。重厚感あふれるレトロな雰囲気が素敵です。こちらも近々、訪れてみたいと思っています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング