【京都】大切な人と見たい、ロマンティックな「紅葉のライトアップ」

TABIZINE / 2015年9月22日 13時0分

tabizine.jp

秋の京都。モミジや楓の緋色の絨毯。

小説の舞台そのままに、ロマンティック。朱く染まった紅葉のライトアップは、燃え上がるようにドラマティック。胸の高まりを道連れに、京都へ出掛けましょうか。

禅林寺永観堂
(C) Flickr/m-louis

永観堂 
京都で紅葉の名所として知られ、「モミジの永観堂」と呼ばれるほど。 

DSC07401_b
(C) Flickr/Gregg Tavares

本尊の阿弥陀如来立像は、「みかえり阿弥陀」。私たちを気遣うように、首を左に向けています。ふり返って欲しい人がいるあなたは、手を合わせてみては。

DSC07391_b

(C) Flickr/Gregg Tavares

約3000本ものモミジが紅葉する様は、まさに圧巻。目に焼き付けておきたいものです。

紅葉のライトアップ(夜間拝観)
【場 所】永観堂
【期 間】11月6日(金)〜12月3日(木) 
【時 間】17:30~20:30
【拝観料】600円
【紅 葉】約3000本

京都永観堂の紅葉ライトアップ Light up at Eikando in Kyoto
(C) Flickr/Toshihide Sato

南禅寺
琵琶湖から京都へ水を引くために作られた「水路閣」。アーチを描く洋風なデザインが、紅葉をロマンティックに見せてくれます。

DSC_0900
(C) Flickr/Marufish

天授庵

「ザ・京都」と誰もが納得させられる、洗練された伝統美。赤、黄、橙、緑のグラデーションが、何とも華やか。名画を見たように心に残ります。朝の光の中で、輝く紅葉を見るのも素敵ですよ。

Autumn Garden
(C) Flickr/mrhayata

ライトアップされるのは、枯山水の方丈東庭、池泉回遊式の書院南庭の2つの庭園。期間が短いので、お見逃しなく。

■紅葉のライトアップ(夜間拝観)
場所:南禅寺 天授庵
期間:11月15日〜11月末頃まで 
時間:17:30~21:00
拝観料:500円
紅葉:約300本

清水寺
京都の顔と言えば、ユネスコ世界文化遺産に登録されている清水寺。約1000本あるヤマモミジや楓が色づくさまは、息を呑むほど。

清水寺
(C) Flickr/minato kaidou

清水の舞台を取り巻く紅葉がライトアップされる様は、激しく燃え盛る炎のよう。ドラマティックな世界へと導かれます。

■紅葉のライトアップ(夜間拝観)
場所:清水寺
期間:11月14日〜12月6日
時間:18:00~21:00
拝観料:400円
紅葉:約1000本

DP2M4584spp
(C) Flickr/WuaKuang


自然が作り出す、美の世界。心まで緋色に染める紅葉が、私たちを旅へと誘いかけていますよ。

TABIZINE ~人生に旅心を~

トピックスRSS

ランキング