オートクチュールのようにデザインされた照明「Light Couture by CHIHIRO TANAKA」

TABROOM NEWS / 2015年10月21日 19時26分


 
2015年10月21日(水)から11月2日(月)まで、東京・新宿の伊勢丹 新宿店の「本館5階=リビングデコール」で、「Light Couture by CHIHIRO TANAKA」が開催されます。

2005年に誕生した照明ブランド「CHIHIRO TANAKA(チヒロ タナカ)」。ファッションデザインで経験を積み、テキスタイルに精通するライトクチュリエの田中千尋氏が、光源と光を包む素材との研究を重ね、ゼロからオートクチュールのようにオリジナルの照明器具をデザインしています。

本展示では、「CHIHIRO TANAKA」の新作ペンダントランプが、デザイナーの小林幹也氏による家具「yamanami」とのコーディネーションで紹介されます。

オリジナルの金型を用い、熟練のヘラ絞り技術によって曲線美が際立つ「SuzunaLuce(スズナルーチェ)」や、ガーベラの花のように幾重にもフリルテープを重ね立体的に仕立てた「Gerbelight(ガーベライト)」、ドーム型のシェードにハンドステッチで無数の星が散りばめた「Astrococo(アストロココ)」など、「CHIHIRO TANAKA」ならではのクチュール的創造性から生まれた美しく心ときめく時空間をお楽しみください。

「Gerbelight」。美しいだけでなく脱着可能なランプシェードで、水洗いが可能です。

点灯時には、光を縫い込んだように繊細な光の模様を描き出す「Astrococo」。

 

Light Couture by CHIHIRO TANAKA
会期:2015年10月21日(水)~11月2日(月)
会場:伊勢丹 新宿店 本館5階=リビングデコール
Writing:Akiko Okawa
Edit:Tadasuke Shiomi
照明器具ペンダントライト・ペンダント照明デザイナーズ家具国産・日本製の家具日本ブランドの家具

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング