和田、松本…芸能人「テレビに映らない」“裏の顔”大暴露

日刊大衆 / 2017年8月10日 18時5分

和田、松本…芸能人「テレビに映らない」“裏の顔”大暴露

 画面の向こう側では輝いて見える一流のタレントたち。視聴者には決して見せない素の表情を徹底取材……!

 芸能人の横顔を誰より見る機会が多いのがテレビマン。プロデューサー、ディレクターのみならず、下働きで身を粉にするADまで、我々がお茶の間で見るのとは、やはりずいぶんと違う芸能人の姿を目にする機会も多いようだ。

「言うまでもなく、ダウンタウンの松本人志さんは吉本に限らず、今、芸能界で最も発言権のある一人です。ラジオ番組で、その松本さんにオリエンタルラジオの中田敦彦さんが弓を引いたのには、吉本さんに限らず非難轟々です。広いようで狭いのが芸能界。この悶着以降、我々も中田さんとのつきあいは、あくまで“仕事”というスタンスを取らざるをえない。余計なストレスを増やされたようなもんです」

 こうボヤくのは某キー局のプロデューサーだ。「中田さんに正面切って反論したところで、松本さんには何の旨味もない。黙殺という態度を取っていますが、かなり苦々しい思いをしているらしい」

 だが、一方で違う見方もある。別のキー局のディレクターが打ち明ける。「『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)も年末のスペシャル以外は壊滅寸前、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)も評判が良いのは業界の内輪だけで、視聴率は決して良くない。ぶっちゃけ中田さんの言い分も、もっともというのが僕ら世代の本音ですね。大御所だから顔を立てて当たり前という、この業界の前提から変えてほしい」と、中田発言を擁護する向きもある。

「松本さんは『ワイドナショー』(フジテレビ系)での宮崎駿監督の引退発言についてのゴタゴタでも“同じことがあったら番組を降板する”と発言しました。それくらいの緊張感で臨まないと……という趣旨でしたが、イエスマンしか周りにいないのに、何が緊張感なのか」(前同)と、その口調は厳しい。また取材中、こんな話を聞くこともできた。声を潜めるのは、番組の編成担当だ。

「松っちゃんは、たけしさんを意識し過ぎですね。本人は、たけしさんが今の座に着いた年齢より先に、ワイドショーでのメインコメンテーターの座を射止めた。その自負もあるのでしょうが、たけしさんはお笑いだけでなく、映画も絵画もすべて海外でも評価されてからの今です。いくら松っちゃんが気の利いた持論をブッてみたところで、それ以上でも以下でもない。キツい言い方をすれば、中田さんにあんなことを言われるのが、今の松っちゃんのあり方を象徴している。たけしさんには、あんな口を聞く若手は一人もいませんから」と皆、なかなか手厳しい。

日刊大衆

トピックスRSS

ランキング