二階堂ふみ、理想は「おならして笑える」恋愛関係

日刊大衆 / 2017年8月8日 10時5分

二階堂ふみ、理想は「おならして笑える」恋愛関係

 7月30日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、女優の二階堂ふみ(22)が出演。水曜日のカンパネラのコムアイ(25)と、ダンサーの菅原小春(25)とともに女子トークを交わし、自身の恋愛観や結婚観について明かした。

 番組の中でコムアイが自身の結婚感を語った後、菅原から「どんな人がいい?」と聞かれた二階堂は、「毎日会える友達みたいな人がいい」と回答。さらに「お父さんと住んでた時期が短かったから、男性に対する免疫があまりなくて。中学生のときは男の子って怖いと思っていた」と意外な告白をして、二人を驚かせた。

 続けて二階堂は「高校ですごい仲良い男友達が二人できて。一人は剃り込みが入っていてリーゼント、中ランか短ランでボンタンはいてて」と話すと、コムアイと菅原は爆笑し、コムアイから「それいつの時代?」とツッコまれていた。二階堂はその男友達とは好きな音楽や漫画が共通していたため「そういう同世代の子に出会ったことがなかったから、沖縄では」と、高校時代に男性に対する感覚の変化があったと語った。

 また、二階堂は恋愛をしていると「だんだん好きって思っているのが恥ずかしくなる。好きって思ってる自分、恥ずかしいって。自分からも言えないし、好きだってことも」と、いつも空回りして複雑な心境になるとコメント。最近では、一緒にいてドキドキもワクワクも感じ合える友達のような相手が理想で「おならとかプッてしても、臭い、臭い!って言って、ゲラゲラ笑えるような」関係を築きたいと、独自の恋愛観を打ち明けた。

「二階堂は、いまや人気俳優の星野源(36)や菅田将暉(24)をはじめ、多くの芸能人と熱愛の噂がありました。現在は元モデルの映像作家が恋人といわれています。二階堂はコアな映画好きでもあるので、ぴったりの相手なのかもしれませんね」(芸能記者)――彼のおならも嗅いでいる?



日刊大衆

トピックスRSS

ランキング