『水曜日のダウンタウン』“ジョジョの鉄塔”放送内容変更の裏に「過激ロケ警察沙汰」

日刊大衆 / 2018年6月21日 1時20分

 6月20日に放送される『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の予告内容が差し替えられたと、ネット上で話題になっている。

 5月30日の同番組では、コロコロチキチキペッパーズのナダル(33)をJR新横浜駅前で男2人が捕まえ連行。埠頭にある倉庫に設置された檻の中に閉じ込める企画を放送した。

 この「数珠つなぎ企画で1番過酷なのジョジョの鉄塔システム説」は、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部のエピソード「鉄塔に住もう」をモチーフにしたもので、捕まったナダルを皮切りに、携帯電話で呼び出された芸人たちが代わる代わる檻に閉じ込められるというもの。

 自分の身代わりが檻に入ることで、檻から解放されるというシステムで、檻に入った芸人たちはそれぞれが言葉巧みに次の被害者をおびき出していった。

■説明のいっさいないドッキリ企画に芸人たちが激怒、世間から批判も

 スタッフはこのロケが『水曜日のダウンタウン』の企画であることも説明せず、無言で芸人たちのリアクションを見守るのみ。檻から解放されたあともいっさいネタ明かしはせず、そのため監禁された芸人たちは全員が激怒。ジャングルポケットのおたけ(35)は「俺こんなんテレビでも見たことないですよ」と涙を流し、マテンロウの大トニーは「偉いやつ呼んでこいよ!」「死ねマジで!」と叫び、8時間半も檻に閉じ込められたラブレターズの溜口佑太朗(33)は、「人の性根が腐った感じが見えたので、今後はLINEも整理しようかなと思ってます」と嘆いた。

「視聴者の一部から大絶賛を浴びた企画だったのですが、同じぐらい“やりすぎだった”“怖かった”という批判的な感想もネットでは目立っていまして、放送倫理・番組向上機構(BPO)にも、視聴者から報告が寄せられたようです。6月20日の放送で“数珠つなぎ企画”第2弾が放送されるはずだったんですが、BPOの反応が出るまでは放送を見合わせるようですね」(制作会社関係者)

■「数珠つなぎ説」差し替えの裏にあった警察騒ぎ

 6月13日の番組では、舞台を山奥の廃墟にした「数珠つなぎ説」続編企画を20日に放送すると予告。またもナダルが最初の監禁者に選ばれてしまう予告VTRが流れた。

 しかし番組公式ツイッターは18日、「▼テレビに食べ物が映ったら同じものを食べなきゃいけない生活に24時間チャレンジ▼丑の刻参りの頭にロウソクスタイル、熱すぎて呪いどころじゃない説▼早朝フットサル」と予告を告知。番組公式サイトにアップされた予告動画でも、これらの説が案内され「数珠つなぎ企画」については告知されなかった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊大衆

トピックスRSS

ランキング