古舘伊知郎、ついにフジテレビをリストラ!?「後番組は坂上忍」で業界あきれ顔

日刊大衆 / 2018年7月16日 10時0分

 フジテレビの迷走は、まだまだ終わらないようだ。古舘伊知郎(63)がメインMCを務める『モノシリーのとっておき』が、放送開始からわずか半年あまり、9月の番組改編で打ち切りになることが明らかになった。

 同番組は金曜日の夜7時から放送されているが、フジと古舘といえば、『フルタチさん』(フジテレビ系/日曜夜7時〜)が2016年11月から2017年9月までオンエアされていた。しかし、視聴率が振るわず、古舘と山崎夕貴アナ(30)というMCコンビはそのままに、曜日をスライドさせる形で“リニューアル”。番組の内容をガラリと変えて、昨年11月にスタートした。

 毎回、さまざまな分野のエキスパートをゲストに迎え、その人ならではの特殊な知識を披露してもらうという番組だったが、視聴率は変わらず低迷。その原因はやはり古舘にあると、関係者は分析する。

「すごい知識や技能を持っている人を番組に呼ぶ場合、基本的に司会者は黒子で、聞き役、盛り立て役に徹します。でも古舘さんはああいう人ですから、ついつい前面に出てしまう。そのあたりに視聴者がついてこれなかったようですね。古舘さんに勢いのある時代ならそれでもよかったんでしょうが、『報道ステーション』(テレビ朝日系)降板以降はカリスマ性も激減。厳しくいえば、もう古舘さんの時代じゃないってことですね」(民放テレビ局関係者)

 2016年春に『報道ステ』を“卒業”し、満を持してバラエティ復帰した古舘伊知郎。特にフジテレビでは、『フルタチさん』『トーキングフルーツ』と2つの冠番組をスタートさせたが、どちらも期待された結果は残せず。フジテレビは今回の『モノシリーのとっておき』の打ち切りで、ついに古舘を“リストラ”することになる。

 そして今テレビ業界では、「古舘の後任」が大きな話題となっているという。

「フジテレビは、この枠で新たに坂上忍さんの冠番組を始めようとしているようなんです」(前出のテレビ局関係者)

 坂上忍(51)は現在、昼の帯番組『バイキング』、『ダウンタウンなう』、『直撃!シンソウ坂上』と、すでにフジテレビで3つのレギュラー番組を持っている。

「『バイキング』が月~金ですから、『モノシリー~』の後番組が坂上に決まれば、週に8本も出ることになります。いかに坂上の番組回しが優れていて、数字も持っているとは言っても、さすがにこれは異常。“坂上忍に頼りすぎ”とあきれる声も多いです」(同)

 実は、古舘と坂上は、現在『おしゃべりオジサンとヤバイ女』(テレビ東京系)で共演中。千原ジュニアと3人で、メイン司会を務めている。

「2人の仲はけっして悪くありませんが、自分の冠番組がなくなって、その後釜に坂上が入るとなれば、古舘としては穏やかではないでしょうね」(同)

 またも露呈した、フジテレビの“困ったときは坂上頼り”の体質。他局の番組にまで悪影響を及ぼさなければいいのだが……。

日刊大衆

トピックスRSS

ランキング