新木優子、吉川愛、久保田紗友…7月ドラマで注目フレッシュ女優たち

日本タレント名鑑 / 2017年7月26日 12時30分

写真

7月スタートの連続ドラマも第一話が出揃いました。この7月クールも、今後飛躍が期待される女優が数多く出演しています。そんな注目若手女優を紹介しましょう。

月9『コード・ブルー』では新木優子&馬場ふみかのモデル出身女優が注目

まず初回視聴率が16%を超え、好調なスタートを切った『コード・ブルー ードクターヘリ緊急救命ー THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)。今回からの新キャストの中で、ちょっと頼りないフェロー・横峯あかり役を演じている新木優子さん。4月クールでは『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系)と『100万円の女たち』(テレビ東京系)の2本を掛け持ち、また映画『僕らのごはんは明日で待ってる』でもヒロイン役を演じるなど、今最もブレイクが期待される女優です。第1話では、あかりの過去や背景を匂わせるようなシーンがありましたが、今後どんな展開を見せるのか注目です。

同作品では、新木さんと同じく雑誌『non-no』の専属モデルを務める馬場ふみかさんが新人ナース・雪村双葉役で出演しています。馬場さんはモデルのほか、男性誌のグラビアでも人気に。女優としても『仮面ライダードライブ』のメディック役で注目されたほか、最近も映画、舞台など幅広く活躍中です。

元・人気子役の吉田里琴が『愛したって、秘密はある。』で復活

『愛したって、秘密はある。』 (日本テレビ系)で、福士蒼太さん演じる主人公・黎が家庭教師をしていた女子高生・果凛役を演じる吉川愛さん。“新人の美少女女子高生女優のデビューか!?”と思いきや、この吉川さん、実は以前、子役として数多くのドラマに出演してきた吉田里琴さん。昨年芸能界引退を発表しましたが、今年、現在の芸名で復帰。今回のドラマが復帰第一弾作となります。

以前は愛らしい子役という印象が強かった彼女も現在17歳。ドラマの中では恋する女の子の複雑な感情も見せる、可憐な女性に成長しました。

“NHKの秘蔵っ子”久保田紗友は朝ドラヒロイン・高畑充希と従姉妹役で共演

『過保護のカホコ』(日本テレビ系)で、高畑充希さん演じる主人公・加穂子の従姉妹の糸役を演じる久保田紗友さん。“NHKの秘蔵っ子”と言われる17歳です。本作の主演・高畑さんが朝ドラ『とと姉ちゃん』でヒロインを務めたのは誰もが知るところですが、久保田さんはその次の『べっぴんさん』で、ヒロインの娘・さくらが通うようになるジャズ喫茶『ヨーソロー』でアルバイト店員・五月役を演じていたといえば思い出す人も多いかもしれません。

『べっぴんさん』以前も『インディゴの恋人』、『喧騒の街、静かな海』、『運命に、似た恋』などNHKのドラマで重要な役で出演しており、特に、やはり朝ドラでブレイクしたディーン・フジオカさんと共演した『喧騒の街、静かな海』で見せた演技力は評判となりました。

『過保護のカホコ』で演じる糸は、プロのチェリストを目指していますが、第2話でウィーンへの留学がかかったコンクールにチャレンジする糸が手首の怪我と親族からの大きすぎる期待に苦悩する姿が描かれ、大きくフィーチャーされました。特に親族の前で元気を装いながら、加穂子に対して本音をぶちまける芝居では、そのギャップを見せた演技力が光りました。

青春ドラマ『僕たちがやりました』ではヒロイン・永野芽郁以外にも注目フレッシュ女優が多数!?

夏らしい青春学園ドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)。女性キャストでも、ヒロイン・永野芽郁さん、川栄李奈さんら注目の若手が出演していますが、今後のブレイク候補としては、永野さん演じる蓮子の親友・由佳役を演じる岡崎紗絵さんに注目。現在21歳の岡崎さんは2012年、『ミスセブンティーン2012』に選ばれたことをきっかけに、同誌専属モデルとしてデビュー。ちなみにミスセブンティーンの同期には広瀬すずさんがいます。

同誌専属モデルを卒業後、昨年からは『Ray』の専属モデルを務めています。同時に女優としても活動を開始し、今年は『嫌われる勇気』、『人は見た目が100パーセント』とフジテレビ系のドラマに立て続けに出演しています。また本作は学園ドラマということで、主要キャスト以外の生徒役で多数若手キャストが出演。その中からキラッと光る逸材を捜すのも、こういうドラマの楽しみの一つです。

岸明日香、石川恋…テレ東ドラマの美女にも注目

『警視庁ゼロ係』(テレビ東京系)で、杉並中央署 地域課の婦警を演じる岸明日香さん。すでに水着グラビアで人気者になっている彼女ですが、並行して女優活動も行い、最近では竹内力さんが原案・総指揮を務めたドラマ『闇の法執行人』(J:COMプレミアムチャンネル)にヒロイン役で出演しています。

同じくテレビ東京系の『さぼリーマン甘太朗』でヒロイン・土橋香奈子役を演じる石川恋(れん)さんは、大ヒットした『映画 ビリギャル』の原作書籍の表紙モデルを務め話題になった24歳。このクールでは『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)でも、橋本環奈さん演じるヒロイン・薄圭子の同僚で受付職員の三笠弥生役で出演、今後女優としての飛躍が期待されます。

『ごめん、愛してる』で大きな存在感を見せる大西礼芳

最後に紹介するのは、『ごめん、愛してる』(TBS系)で、坂口健太郎さん演じるサトルに思いを寄せられるサックス奏者・古沢塔子を演じる大西礼芳(あやか)さん。ここまで紹介した女優に比べると、キャリアが豊富な27歳です。作中では、奔放なキャラクターでサトルを振り回す姿が、強いインパクトを与えています。

デビュー以来、これまで約7年で多数のドラマや映画に出演していますが、今回は特にストーリーをかき回す存在の主要キャストの一人として出演することになりました。実力派の女優、今後ドラマや映画などで顔を見る機会が増えそうです。

上記以外では、7月いっぱいで終了しますが、飯豊まりえさんと武田玲奈さんが連続ドラマ初主演を果たし、航海士を目指して頑張る商船大学生役を演じている『マジで航海してます。』(TBS系)もラストまで見逃せません。

また『遺留捜査』、『刑事7人』(ともにテレビ朝日系)、『警視庁ゼロ係』などのような一話完結の刑事ドラマで、一話のみのゲスト主役やその娘役などで若手女優が起用されるケースがあるので、女優ファンはこちらもチェックしておきたいところです。今回、紹介した女優が1年後にどんなふうに成長しているか、とても楽しみです。

文/田中裕幸

日本タレント名鑑

トピックスRSS

ランキング