1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. モバイル・アプリ

スマホ・タブレットスタンド「Majextand M」レビュー:ロマンを掻き立てるギミックが面白い!

Techable / 2021年7月26日 10時15分

スマホやタブレットでのコンテンツ視聴や仕事の質を高めてくれるスタンド。

今回は、ノートPCスタンド「Majextand(マジェックスタンド )」で有名なONEDから登場したスマホ・タブレットスタンド「Majextand M」を数日間使用した印象をお届けします。

引き出しのギミックはユニークかつ繊細

Majextand Mの原型となったのが、同じくONEDから出ているノートPC用の「Majextand」。引き出し式のメカニカル構造と収納時の薄さが特徴で、多くのガジェット系YouTuberが愛用するなど知名度の高いプロダクトです。

Majextand Mはそんな初代Majextandの哲学を受け継いでおり、展開するとマジックハンドのように伸びるユニークな仕組みがロマンを掻き立てます。

使い方としては端末側に土台となるドッキングシートを貼り付け、スタンド本体とは磁力で着脱するというもの。シートには長方形の4辺に一つずつマグネットが配されており、スタンドの付け方次第で縦置き・横置きを変えられるようになっています。

シートはジェルタイプで、水で洗えば再利用できるのがポイント。一方で通常のシールと比べて密着度は低いようで、特にマグネット周りは気泡が入りやすい印象でした。

iPad miniやNintendo Switchと相性○

仕様上の適応は10.9インチまたは500g以下のデバイスとなっていますが、バランス的に最も相性が良いと感じたのはiPad miniやKindleなどの比較的小型なタブレット。

安定感は抜群で、最大(約90度)まで拡張すると画面の位置がかなり高くなるので、目線とともに姿勢が改善されます。展開途中での固定も可能で、高さ・角度を自由に調節できるのは魅力。

難点として、Majextand Mを本体に取り付けた状態で引き出すには少しコツがいること、収納時は幅2.3mmと薄いものの、やはり平置き時はガタついてしまう点が挙げられます。

他の端末でも試してみたところ、iPhone12から11インチのiPad Proまでは(ややアンバランスですが)問題なく使うことができました。

なかでも特にフィットしたのがNintendo Switch。備え付けのスタンドは強度が心許ないのですが、Majextand Mなら安定感がある上に高さも出るので、テーブルモードに向いていると感じました。

iPhone 12シリーズのユーザーとしては、貼付式ではなくMagSafeで着脱できる新モデルを期待したいところです。

(文・九条ハル)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング