1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

iPhone 13でさっそく使いたい!? 急速充電に対応する充電器3種をBelkinが発売

Techable / 2021年9月24日 15時0分

Appleがこのほど発表したiPhone 13では前モデルから採用されているMagSafeが引き続き搭載されています。そのメリットを最大限いかせる充電器2種と、USB-C PD対応デバイス2台を同時に急速充電できる充電器の合計3種をBelkinが発表しました。

ビデオ通話しながらチャージ

MagSafeはスマホ背面にマグネットでアクセサリーを固定できる技術ですが、Belkinが発売した充電器2種はMagSafeに対応するものです。

まずiPhone 12やiPhone 13を置くだけで最大7.5W出力で充電できる「BOOST↑UP磁気ワイヤレス充電パッド7.5W」。スリムなのでバッグにしのばせるのが容易なのもメリットです。価格は2880円(税別)。

そしてもう1つが、「BOOST↑UP磁気ワイヤレス充電スタンド7.5W」です。商品名にあるように、スタンドデザインとなっていて、ビデオ通話をしながら使うのに最適です。スマホ縦置き、横置きどちらにも対応し、動画を視聴しながら充電するのにも使えます。こちらは3480円(税別)となっています。

20W出力で急速充電も

また、USB-Cポートを2つ搭載し、コンセントに直接差し込んで使うチャージャー「BOOST↑UPCHARGEデュアルUSB-C PD 20W×2 USB充電器」もラインナップに加わります。

こちらはApple製品に限らずさまざまなメーカーのUSB-C PD対応デバイス2台を、各20W出力で同時に急速充電できます。つまり合計最大出力は40Wです。BelkinによるとiPhone 12 なら25分で50%充電できるとのことです。

プラグ部分が折り畳め、かつ手のひらにすっぽりと収まるコンパクトさも魅力です。価格は2480円(税別)。

上記の充電器3種はAmazonや家電量販店で順次販売される見込みです。

Belkin/PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング