1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

キャンプで癒しの夜を! 99個のLEDで焚き火を演出する「ALPHA」はスピーカー機能も搭載

Techable / 2021年10月7日 14時0分

キャンプといえば、焚き火をしながらくつろぐ夜をイメージする人は多いでしょう。そうした癒やしの夜を演出してくれるランタンが、クラウドファンディングサイトMakuakeに登場しました。

LEDで灯りをともし、焚き火のような炎の揺らぎを再現できる「ALPHA」です。しかも、スピーカーとワイヤレス充電チャージャーとしての機能も搭載しています。

周囲360度に音楽が流れる

ALPHAは取っ手がついた従来型のランタンと似たデザインですが、ガスやガソリンで火をともすのではなく、バッテリーでLEDライトが点灯します。99個の暖色系LEDを搭載し、あたりを優しい色で照らすほか、光に揺らぎを加えて焚き火の雰囲気を演出することもできます。

そしてキャンプの夜、BGMを流したい時にもALPHAは活躍します。スピーカー機能を搭載し、Bluetoothでスマホに入っている音楽を流すことができます。内蔵する高性能ウーファーで重低音が楽しめるだけでなく、円柱形デザインにより360度全方向に音が響きます。

ちなみに、ALPHAは、2台同時にペアリングすることでより臨場感のある音楽を楽しめます。

有線・無線でデバイス充電

さらに、ALPHAはワイヤレス充電チャージャー機能も搭載しています。ライトの真下部分にチャージャーが埋め込まれていて、ワイヤレス充電対応のスマホなどを置くだけで充電できます。ただし、この機能はALPHAに外部電源から電力を供給しているときのみ利用できます。

ワイヤレス充電対応でないスマホでも、ALPHAに備わっているUSBポートを使ってケーブル経由で充電することが可能です。こちらは外部電源からの給電は必須ではなく、ALPHA内蔵の3600mAhのバッテリーを使います。

キャンプなどのアウトドアはもちろん、室内でも大活躍しそうなALPHAのMakuakeでの価格は記事執筆現在、7680円(税込)〜となっています。申し込みは10月30日まで受け付け、来年1月末までに配達される見込みです。

ALPHA/Makuake

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング