1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

本物のピアノのようなサウンド!子どもも大人も楽しめるポータブル電子ピアノ「Loog Piano」

Techable / 2023年10月31日 8時0分

ミュージシャン仕様のサウンドとデザインを備えた、大人も子どもも楽しめる、3オクターブのポータブル電子ピアノ「Loog Piano」が登場した。Loog Pianoを手がける楽器ブランドのLoogは現在「Kickstarter」にて資金調達を実施している。

大人も子どもも楽しめる「Loog Piano」

Loog Pianoは、スピーカーとバッテリーを内蔵したコンパクトなポータブル電子ピアノ。長く愛用できるよう設計・制作されており、美しいサウンドと演奏を実現する。

重さとサイズは子どものことを考えた設計になっているが、年齢を問わず演奏を楽しめる。ピアノ初心者にも、プロのミュージシャンにもおすすめだ。

本物のピアノみたい!サウンドへのこだわり

子ども用電子ピアノは人工的な音色のものが一般的で、ベルや笛の音などが響く、本物のピアノとはほど遠いものが多いが、Loog Pianoの音色を聞けば他社製品との違いは歴然。

偶然にも同製品の試作品が完成した日、グラミー賞にノミネートされたピアニスト、Luciano Supervielle氏に出会い、Loog Pianoを演奏してもらったそう。鍵盤を押す強弱によって、ソフトにもラウドにも演奏できるのがピアノの醍醐味だが、Loog Pianoもピアノ、フォルテ、その中間など、鍵盤で強弱を付けられる。

Loog Pianoの設計でとことんこだわったのは、サウンドエンジンの全精力をピアノの音に注ぐこと。アタック、減衰、音と音の間の空気感をサンプリング・モデリングし、本物そっくりのサウンドを奏でる。

弾きやすく、触りやすい素材と実用的なデザイン

Loogが手がけるほかの楽器と同じように、素材には良質なものを選んだ。子どもたちが弾きやすく、触りやすく、魅力的な楽器になるような素材、そして、大人にとっても魅力的である素材をチョイス。昔のエレクトリックピアノを思い起こさせると同時に、実用的なデザインとなっている。

USB経由のMIDI、内蔵充電式バッテリー、内蔵スピーカー、ヘッドフォンコネクターをコンパクトに収納。持ち運びに便利で、外出先で音楽を演奏するのに理想的だ。

同製品の仕様は3オクターブ、重さは1.65kg。バッテリー駆動時間は3時間で、MIDIおよびUSB-C経由でのケーブル充電が可能だ。

Loog Pianoにはアプリがあり、レッスンやゲーム感覚で楽しく簡単に学べるほか、他社のピアノ学習アプリとも互換性がある。またコードやスケールを学習できるフラッシュカードのほか、専用のキャリーケースやスタンド、譜面台も用意している。

子ども向けの3弦ギターを開発したことから始まったLoog

Loogは、2010年にRafael Atijas氏がニューヨーク大学での修士論文として、子ども向けの3弦ギターを開発したことから始まった学術プロジェクト。1年後、Kickstarterで販売を開始し支持を集めることに成功した。以来、フェンダー社とコラボレーションしたり、ニューヨーク近代美術館(MoMA)で展示されたりしている。

(文・根岸志乃)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください