フリクルがiTunesStore・AmazonMP3に対応―インディーズ楽曲配信の道が拡大へ【本田】

TECH WAVE / 2012年1月5日 17時0分


[読了時間:3分]
logo 2012年1月5日、アーティスト支援サービス「フリクル」が、iTunes StoreやAmazonMP3などへの配信流通サービスを開始。インディーズ楽曲配信の道がまた一つ増えた。



 国内ではmonster.fm、海外ではTuneCoreやCDBabyが同種サービスとして代表される。フリクルの特徴は、メールマガジンで新曲の音源を無料で配信。収益はライブ・グッズ・ファンクラブ特典などで回収することで、ミュージシャンの活動を支援するフリーミアムモデルをとっていることにある。



 これまでフリクルのメルマガを通じて無料で配信された音源は、一定期間後アクセスが出来ない仕組みだった。今回の配信流通サービスによって、そういった楽曲を大手配信サイトで有料販売でき、音源からも収益の道が開けたことになる。



 配信代行は有料だが、サービス開始に合わせたキャンペーンも同日から始まっている。配信のルールなど詳細は、フリクルのキャンペーンページを参照のこと。

フリクルって何なの?



 読者の中には、そもそもフリクルを知らない方も多いと思う。フリクルとはメールマガジンを起点にした、ファンとミュージシャンを結びつけるサービスである。仕組みを簡単に書くと、以下の通り。
  1. フリクルにミュージシャンが「アーティスト登録」。

  2. リスナーやファンは、そのミュージシャンのメルマガを登録。

  3. メルマガを通じ、ミュージシャンはリスナーやファンに対し定期的に楽曲を無料配信、ライブの告知なども出来る。
    (ここまですべて無料)

  4. ファンがライブに行ったり、グッズを購入したりすることでミュージシャンのビジネスを成立させる。ファンクラブ組成・運営の支援を行うことでフリクルもビジネスとなる。

今回4に音源配信が加わったことになる。



IMG_9898
フリクルを運営する株式会社ワールドスケープ代表の海保けんたろー氏(Photo:Masahiro Honda)



 フリクルを作ったのは、メジャーデビューも果たしたバンド「メリディアンローグ」のメンバーだ。テレビ番組のエンディング曲に使われるなど、外から見ると順調に思える彼らがなぜ、このようなサービスを始めたか。そこには、ミュージシャン側から見た音楽産業の現状に対する課題解決がある。

 昨年私は、フリクルを運営する株式会社ワールドスケープ代表の海保けんたろー氏(「メリディアンローグ」のドラマー)へ取材を行った。今日のニュースに合わせ、急遽その模様をまとめた。

TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング