「Facebookコマースの可能性は計り知れないが米でもまだ様子見」 PowerReviews社 Andy Chen氏【湯川】

TECH WAVE / 2012年2月16日 9時30分


[読了時間:4分]

 世界12都市で同時開催中のイベント「Social Media Week」。その一貫として都内の電通ホールで行われたセミナーの1つ「米国ソーシャルコマース最新情報」で講演した米PowerReviews社の共同創業者Andy Chen氏に直接会ってお話を聞く機会を得た。米国企業は、Facebook上のソーシャルコマースにどの程度力を入れているのか。新しいソーシャルコマースの形は見えてきているのか。米国の最新状況について聞いてみた。



 Chen氏によると、PowerReviews社は世界26カ国の約5500のECサイトにソーシャルコマースのソリューションを提供する大手ベンダー。具体的なソリューションとしては、ECサイト上に設置するものとして、商品ごとに設けることのできるカスターマーレビューや、商品について問い合わせるできるQ&Aのコーナーがある。またFacebookと連携するツールとしては、Facebookのニュースフィード上で商品に関する質問ができるツールなども開発している。



snapshot_faceoff




 ECサイト上のソリューションであるカスタマーレビューは、いわばAmazon.com上で見かけることができるカスタマーレビューのようなもの。ただAmazonのレビューと異なり、複数のユーザーのレビューが読みやすい分量に自動的にまとめれれるのが特徴という。



 Q&Aコーナーは、メーカーやECサイトの担当者、購入済の消費者に対して質問できるようになっているのが特徴という。



 一方でFacebook上のソーシャルコマースに関しては、Facebookページを利用するのではなく、ECサイトと連携しECサイト上で「友達に相談」というツールを利用すれば「この商品をどう思う?」というようなメッセージが商品ページへのリンクとともに友人のニュースフィードに流れる仕組みになっているという。先日、日本でもビルコムが発表したFacebookコマースツール「ReBuy」と似たような仕組みだ。(関連記事:ビルコムがFacebook用ソーシャルコマースアプリ「ReBuy」を提供開始【湯川】



 ではこうした仕組みの次にどのような仕組みが出てくるのだろうか。ReBuyの記事にも書いたが、結婚式のお祝いを親戚・友人で手分けする「ギフト・レジストリー」の仕組みや、誕生日に合わせてプレゼントを贈る仕組みなどは、Facebook上にはまだ現れないのだろうか。Chen氏に聞いてみた。

TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング