メールアプリの進化形「Sparrow for iPhone」登場っス【増田(@maskin)真樹】

TECH WAVE / 2012年3月15日 17時0分




screenshot_51 メールは無駄が多い

しかしながら当面私達はメールを排除することはできないだろう。

であれば、より快適に、最新のデバイスに最適化されたUI/UXを使いたい。そんな発想から誕生しMac OS X版アプリとして人気を博していた「Sparrow」のiPhone版「Sparrow for iPhone」が登場した。

対応するのは、Gmailを始めとする多くのメールサービスが導入しているIMAP対応のアカウントのみ。価格は日本円で280円。価格以上の魅力があるアプリと言っても過言ではない完成度だ。

タッチ&スワイプ、最小限の操作でOK




 最大のポイントはタッチのみで非常にシンプルに操作できる点。メールの返事やスレッドのチェック、スターやアーカイブへの移動などもスワイプで処理できる。Facebookのアカウントと連携し、知り合いのメールにはFacebookプロフィールの画像が表示されるなど、かゆいところに手が届くインターフェイスは使えば使うほど充実感を得られる印象。



 もう一つの大きなポイントとしては、写真のファイル添付がPC等と同じように処理できるようになった点があげられる。写真を共有するのに、いちいちiPhotoから「メールで送付」を選択しなくてもいいのは嬉しい。Dropboxなどに対応したら完璧といった印象。今後の成長が期待されるアプリだ。



 

【関連URL】

・Sparrow

http://store.apple.com/
・Sparrow — Get mail done

http://sparrowmailapp.com/iphone.php



Sparrow iPhone from domleca on Vimeo.

l


蛇足:僕はこう思ったッス

これで一つITコミュニケーションの不満が解消されたように思える。もちろん、大量のメールを自動で処理してくれたりするわけではないのだが、ストレスが減ることで大きな一歩となった。逆にiPhone版を通じMac OS Xアプリにも興味が出るのだから不思議なものだ。アプリの魅力はアイディアや有名な創業メンバーではなく、それが持つ世界観が中心となっていることを改めて実感させられた。


著者プロフィール:TechWave副編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹

 8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。日米のIT/ネットをあれこれ見つつ、生み伝えることを生業として今ここに。1990年代は週刊アスキーなど多数のIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、シリコンバレーでベンチャー起業に参画。帰国後、ネットエイジ等で複数のスタートアップに関与。関心空間、@cosme、ニフティやソニーなどのブログ&SNS国内展開に広く関与。坂本龍一氏などが参加するプロジェクトのブログ立ち上げなどを主導。 DJ、emacs使い。大手携帯キャリア公式ニュースサイト編集デスク。TechWaveでは各種イベント、創出支援、スタートアップ支援に注力。メール等お待ちしております!
メール maskin(at)metamix.com | Twitter @maskin | ChatWork: maskin | 書籍情報・詳しいプロフィールはこちら





Win用超高速リモートデスクトップ「TrueRemote」の後継版、さらにすごくなった「Brynhildr」が間もなく登場 【増田(@maskin)真樹】
co-baがLibraryプロジェクトをスタート、本を通じて人と知が交流するコワーキングスペースへ【本田】
たったの7分でTwitterのJapanトレンド1位を獲得した「ジャパンハート・プロジェクト」におけるソーシャルメディア施策について【吉田将人】@maskin
「モバイルで世界的グレートカンパニーを目指す」 ソフトバンクと組んだインド財閥御曹司の野望【湯川】
SXSWでの「路上ライブ」が大盛況ー音でURLを伝えるToneconnect【本田】

TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング