なぜ君は、Facebookユーザー数世界トップの「インドネシア」を目指さないのか? ー VANGUARD定例イベント 3月30日開催【増田(@maskin)真樹】

TECH WAVE / 2012年3月22日 16時0分




title

@maskin:CAVインドネシア 代表 鈴木隆宏さん来日! イベント開催いたします


日本でもようやく高まりつつありアジア熱。そんな中、世界中から熱い視線を送られているのが人口2億4000万人を抱えるインドネシア共和国だ。なぜならタイトルにも書いた通り、Facebookのユーザー数で2011年はアメリカに次ぐ2位をマーク、2012年1月にインドに抜かれたものの(関連URL) 4350万ユーザー超で、Twitterユーザーでも世界4位、さらに携帯およびスマートフォンの普及も著しく、ITスタートアップも続々誕生し成長している地域なのだ。しかも、この状態でありながら、ネット普及率は人口比16.1%と、まだまだ伸びしろがある。「GDPの成長率も目を見張るものがあります。また人口も2050年くらいまでは伸び続けると言われてます」(鈴木氏談)



日本からもすでにスモールチームから、楽天といった大手もサービスを展開している状態。アジアNo1を目指すサイバーエージェント・ベンチャーズ(CAV)は現地拠点を設立し、Tokopedia.comなどに出資、市場の底上げを狙っている状態。



そんなCAVインドネシア拠点の代表として多忙を極める鈴木隆宏氏が、久し振りに来日するとのことで、それにあわせ、インドネシア進出を検討するITスタートアップを対象とした勉強会&交流イベントを開催する。会場は日本最大級の敷地面積を持つ「Startup BaseCamp」。



現地の状況をリアルに聞ける貴重な機会なので是非ご参加いただきたい。

インドネシアとは?



 さて、イベントの案内の前に、インドネシアとはどんな国で、ITやネットはどのように成長しているのか、CAVさんの資料より抜粋したのでご一読頂きたい。



インドネシア共和国

首都:ジャカルタ

共用語:インドネシア語(ビジネスでは英語でオーケー(鈴木氏談))

宗教:イスラム教が約76%、その他キリスト教、ヒンドゥー教など

人口:2億4000万人(東南アジア随一)

消費:中間層が成長 (ユーロモニター、ジェトロ出典)

screenshot_64

インターネット普及率:人口比約16.1%、アジアで日本に次ぐ4位 (2011年3月末)

インターネットアクセス方法:インターネットカフェ65%、モバイルインターネット48%、家庭19%

スマートフォン普及状況:BlackBerry400-700万台、Android100万台、iPhone20万台

ソーシャルメディア普及度:Facebookは北米に次ぐユーザー数4000万人超。Twitterなども活況

ITビジネスの傾向:ECサイトが急増、CAVとして出資する「Tokopedia.com」が急成長。楽天も「Rakuten Belanja Online」を展開。その他、各種スタートアップ&サービスが多数誕生している





button


TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング