楽天デザインの秘密が明かされる、スマホデザイン会議 Vol.4 「ECにおける売上倍増のロジック」 【増田 @maskin】

TECH WAVE / 2012年11月5日 11時0分





smaphdesign

 “デザインファースト”、“LINE x ChatWork” など伝説的なトークセッションを実施してきた、企画経営層のためのDesign Thinkingイベント「スマホデザイン会議」の第4弾が2012年11月8日(木曜日)、日本最大手のEC楽天、そしてデジタルマーケットを展開するD2C、stores.jpをリリースしたブラケットからキーマンを招き開催される。



 このイベントは、急増するスマートフォン市場に向け コンテンツ提供者と利用者の関係性を再考するためのトークセッションで、スマホ企画に携わる経営者や企画者、デザイナー、開発者を対象としている。毎回満席、立ち見が出るほどの人気企画で、今回で第4回目の開催となる。

EC構築に不可欠なデザイン思考を解きあかす




 ECにおけるデザインは、売上等に直結するクリティカルなもの。日本最大のオンラインショッピングコミュニティである楽天市場を育て上げたデザインの考え方や、D2Cにおけるスマホ上のデジタルコンテンツ販売のノウハウなど、ECというテーマを軸に、デザインの可能性やその重要性についての知見が聴ける基調な機会となっている。



smd02

2012年6月28日に開催されたスマホデザイン会議 vol.2の模様。バスキュール号 西村真理子さんが登壇中。会場は立ち見も出る状態




[ 参加申込みはこちら ]





第四回スマホデザイン会議 〜ECにおける売上倍増のロジック〜



【日時】

11月8日(木)20:00~22:15(19:45~受付)



【場所】

株式会社D2C

〒105-0021東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル18階



【スマホデザイン会議の目的】

日本のスマホを世界一にするためのスマホデザインの創造



【コンセプト】

これからのスマホデザインをみんなで学び、考え、創っていく



【今回のテーマ】

売上倍増!?スマホECにおけるデザイン



【参加者予定人数】

100~120名

※毎回、すぐに満席となりますので、お早目にお申込みください。



【概要】

スマホの普及により、ショッピングのカタチも日々変化している。ECにおけるデザインはマネタイズに直結し、EC担当者にとっては切っても切れない存在。もともとPCで展開されているECサイトをスマホへ移行する際、どのような点に気を付ければいいのか?スマホでのプロモーションはどう異なるのか?今回は、国内のEC市場を牽引するスペシャリストをお招きし、様々な観点から成功のノウハウに迫る。



【プログラム】

20:00〜 オープニングの挨拶

20:10〜 株式会社ブラケット 代表取締役 光本 勇介氏  「ユーザー参加型ECにおけるUI/UX」



shoes of prey、Stores.jpなど、新しい風をECに創りだす株式会社ブラケット。shoes of preyでは累計160万以上の靴がユーザーによってデザインされている。何がユーザーをそこまでアクティブにするのか?今まで明かされなかったノウハウについて、スマホという観点を交えて、代表の光本氏にお話いただきます。

http://techwave.jp/archives/51758649.html



20:45〜
 
株式会社D2C コンシューマビジネス本部 上席エキスパート 糸井岳則 氏

「スマートフォンのデジコンECにおけるUI/UXのポイント」



総数100,000点以上のデコメ素材を取り扱うAndroidアプリ「デコマーケット」を企画・運営する糸井氏。デジタルコンテンツ販売アプリにおけるUIの特徴や注意点について述べるとともに、スマートフォンユーザのインサイトについて考察をしていきます。



21:20〜
 
楽天株式会社 編成部 副部長 小磯敦 氏 「楽天メソッドの裏側」



日本一のオンラインショッピングコミュニティである楽天市場。 これまで培ったノウハウをどのようにスマホに置き換えるのか?スマホ時代への課題と成果などを、楽天市場のUI部分に10年以上関わってきた小磯氏に語って頂く。



21:30〜 

トークセッション TechWave副編集長 増田真樹氏 × ゲストスピーカー3名



22:00~  閉会の挨拶

22:05~ 撤収



本イベントでは、イベントをみんなでまとめるサービス「U-NOTE(ユーノート)」のご利用を推奨しております。



【参加者ターゲット】

EC事業を展開されている担当者、もしくはスマホ関連事業を展開されている方

内容は主にディレクター、プランナー、マーケター、経営者といった企画に携わる方を対象とした構成になっています。※もちろんデザイナーの方も参加いただけます。



【参加費】

3,000円(懇親会の予定はございません。)

※クレジットでの事前決済が必須です。

※チケット購入後の返金は致しかねますので、ご了承ください。

※領収書が必要な方は現地で受付スタッフにお申し付けください。



【イベントに関する連絡】

株式会社InnoBeta

担当:平石 大祐(ヒライシ ダイスケ)

TEL:070-6561-3552

email:info@inno-beta.com






[ 参加申込みはこちら ]




【関連URL】

・[ イベントページ ] 第四回スマホデザイン会議 〜ECにおける売上倍増のロジック〜


https://tixee.tv/event/detail/eventId/525

・スマホデザイン会議「花テック2012」で開催! ChatWork x LINE デザイナートークセッション @maskin #hanatech

http://techwave.jp/archives/51754921.html

・アプリ運営=客商売、徹底したデザインファーストの大切さ ~「スマホデザイン会議」レポート 【増田 @maskin】 #sdkaigi

http://techwave.jp/archives/51751741.html

・「スマホデザイン会議」6/28開催、企画経営層のためのDesign Thinking【増田 @maskin】

http://techwave.jp/archives/51751466.html



蛇足:僕はこう思ったッス

ウェブコンテンツは、現在、PCからスマホへの移行が急速に進んでいる状態。その中で、最もデザインとマネタイズが密接に結びつくECをテーマとした今回は、デザインの核心に迫る内容となりそう。EC事業者のみならず、ぜひ多くの企画担当者に参加してもらえるといいと思う。

著者プロフィール:TechWave副編集長・イマジニア 増田(maskin)真樹

 夢を叶える技術者。8才でプログラマ、12才で起業。18才でライター。道具としてのIT/ネットを追求し、日米のIT/ネットをあれこれ見つつ、生み伝えることを生業として今ここに。1990年代はソフト/ハード開発&マーケティング→週刊アスキーなど多数のIT関連媒体で雑誌ライターとして疾走後、シリコンバレーで証券情報サービスベンチャーの起業に参画。帰国後、ネットエイジ等で複数のスタートアップに関与。関心空間、@cosme、ニフティやソニーなどのブログ&SNS国内展開に広く関与。坂本龍一氏などが参加するプロジェクトのブログ立ち上げなどを主導。 Rick Smolanの24hours in CyberSpaceの数少ない日本人被写体として現MITメディアラボ所長 伊藤穣一氏らと出演。活動タグは創出・スタートアップマーケティング・音楽・子ども・グローカル・共感 (現在、書籍「共感資本主義」執筆中)。

メール maskin(at)metamix.com | 書籍情報・ 詳しいプロフィールはこちら








グリーとVOYAGE GROUPがテレビ視聴アプリ「emocon」をリリース、ジェネシックスと共同開発 【増田 @maskin】
「Media Hint」NetFlix、PANDORA、rdioを日本から利用できるようにするプラグイン 【増田 @maskin】
日本よりFacebook利用者が多いタイ王国、現地IT企業が訪日、ミートアップイベントを11月15日に開催 【増田 @maskin】
小室哲哉氏の呼び掛けが現実に?! ソニー系の邦楽がiTunes Storeで配信開始【増田 @maskin】
「LINEで送るボタン」が遂に公式化 【増田 @maskin】

TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング