年末年始のテレビ鑑賞はこれで決まり? スマホで楽しめる3チョイス 【増田 @maskin】

TECH WAVE / 2012年12月30日 11時0分





702310_10151323954295680_2038451255_n

 いよいよ年末年始。里帰りや休暇を取りのんびりとテレビでも観ようと思っている人にオススメのスマホコンテンツをご紹介。



 まず1つめは、ソケッツが2012年12月29日にリリースしたばかりのアプリ「DIVE」 (iOS版のみ、Androidは1月リリース予定)。



 番組ごとに用意されたステージを開くと、出演者らが顔アイコン付きで登場。番組を観ながら「笑った!」「泣い た!」「驚いた!」「いいね!」「喝!」などの感情をスタンプ付きで出演者や番組に対してツッコミを入れることが可能。



 出演者に関してもプロフィールから出演情報もチェック可能で、「あれ、この出演者、何かのCMに出ていたっけ?」と思った時、情報をチェックしたり関連動画を見たりすることができるなど、テレビ視聴の楽しさを増やしてくれるようになっている。



 ソケッツは、テレビに関するデータの整備を進めていて、今後、さまざまなな情報収集を強化していくというのだから楽しみだ。なお、出演者のイラストは現時点で200点で、今後も月100点程度増加させていく考え。

笑ったら「アウト」ボタン




sp_display 次はテレビ連携スマホコンテンツに力を入れまくっている放送局「日本テレビ」の大型企画。なんと今回はお笑い。



 「ダウンタウンの大晦日年越しスペシャル!! 絶対に笑ってはいけない熱血教師24時!!」(日本テレビ系12月31日(月)18:30〜)



 スマホ企画としては「絶対に押してはいけないアウトボタン!」を展開。番組のネタで思わず笑ってしまったら、同社のサイトJoinTV上に用意される「アウト」ボタンを正直に押すというもの。



 Twitter連携などで、他のユーザーと盛り上がれる上、参加すると抽選で20名様に番組内で実際に使用した小道具がプレゼントされるという。

screenshot_448
 東京から箱根まで、馴染みある場所を疾走するマラソン企画だけに「今、どの辺走ってる?」「あ、あのビルが見える?」などと地図に連動した楽しみ方があるわけだが、日本テレビはその辺をカバーするための「箱根駅伝速報WEBアプリ」 を用意。



 ウェブアプリなのでスマホはもちろん、タブレットからも使用可能。各大学のおおよその走行位置が地図上にプロットされるだけでなく、最新の順位・通過タイム、出場校や選手一覧といった情報もチェックできるという。




 というわけで、3つのスマホ企画を紹介したが、これ以外にも探せばいろいろな企画があるかもしれない。スマホ+テレビというダブルスクリーン視聴を、この機会に楽しんでもらえればと思う!



【関連URL】

・Dive テレビの海へ、飛び込もう!

http://media-dive.com/

・ダウンタウンの大晦日スペシャル!!『絶対に笑ってはいけない熱血教師24時!』 | ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!

http://www.ntv.co.jp/gaki/data_2012.html

・WEBアプリ|第89回箱根駅伝|日本テレビ

http://www.ntv.co.jp/hakone/89/app/index.html




  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング