九州 紅葉は山で見ごろに あすの朝は早霜のおそれ

tenki.jp / 2020年10月30日 10時54分

メイン画像

長崎県雲仙仁田峠や宮崎県えびの高原など、標高1000メートルを超える九州の高い山では紅葉がいま見ごろを迎えています。あすの朝は九州の山沿いは霜が降りる所がありますので、農作物の管理にご注意下さい。週末の冷え込みで紅葉はさらに色づきが進むでしょう。

紅葉、高い山から見ごろに

長崎県雲仙仁田峠や宮崎県えびの高原など標高1000メートルを超える山では、紅葉が見ごろを迎えています。大分県九酔渓や熊本県五家荘などでも色づき始めています。週末の冷え込みで、さらに山では木々の色づきが進みそうです。
九州の山では、11月上旬中心にさらに見ごろの所が多くなるでしょう。

北風ひんやり あすの朝は山沿い早霜注意

画像B

きょう30日(金)は大陸から高気圧が張り出し、北から冷たい空気が流れ込んでいます。
九州は晴れる所が多いですが、沿岸海上は北よりの風がやや強く吹き、日中も風がひんやりと感じられるでしょう。日が沈むとさらに冷え込んできますので、おでかけの際は上着があった方がよさそうです。
また、海上は波が高くなる所が多いでしょう。船や釣りなどは強風や高波に注意が必要です。
あす31日(土)は移動性高気圧に覆われて、おだやかに晴れるため、あすの朝は放射冷却現象が強まります。各地で冷え込みが強まり、九州の山沿いは最低気温が3度前後まで下がって早霜のおそれがあります。農作物の管理にご注意下さい。

来週前半は一時強い寒気

画像C

来週11月2日(月)、九州を寒冷前線が通過し一時雨が降るでしょう。雨の後、3日(火)文化の日は一時的に冬型の気圧配置になり、この時季としては強い寒気が流れ込む見込みです。3日(火)から4日(水)は、冷たい季節風が吹いて気温が大きく下がります。体調管理に十分お気をつけ下さい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング